金属錯体の人工格子材料実現に向けて―遷移金属錯体の選択配位エピタキシー

Kazuhiro Takahashi, Hiroshi Tanino, Takafumi Yao

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)135-137
ページ数3
ジャーナル化学と工業
40
発行部数2
出版物ステータス出版済み - 2 1987

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Materials Science(all)
  • Chemistry(all)

これを引用

金属錯体の人工格子材料実現に向けて―遷移金属錯体の選択配位エピタキシー. / Takahashi, Kazuhiro; Tanino, Hiroshi; Yao, Takafumi.

:: 化学と工業, 巻 40, 番号 2, 02.1987, p. 135-137.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{eb78e0aeba9c42768d4d2509120172a2,
title = "金属錯体の人工格子材料実現に向けて―遷移金属錯体の選択配位エピタキシー",
author = "Kazuhiro Takahashi and Hiroshi Tanino and Takafumi Yao",
year = "1987",
month = "2",
language = "Japanese",
volume = "40",
pages = "135--137",
journal = "化学と工業",
issn = "0022-7684",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 金属錯体の人工格子材料実現に向けて―遷移金属錯体の選択配位エピタキシー

AU - Takahashi, Kazuhiro

AU - Tanino, Hiroshi

AU - Yao, Takafumi

PY - 1987/2

Y1 - 1987/2

M3 - 記事

VL - 40

SP - 135

EP - 137

JO - 化学と工業

JF - 化学と工業

SN - 0022-7684

IS - 2

ER -