高速バースト伝送技術

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌

抄録

バースト伝送技術は,信号の送受が間欠的に行われるバースト伝送方式において,光送受信機に生じる状態遷移の過渡応答を「瞬時応答化」する技術である.近年FTTH(Fiber To The Home)の本格的な普及により,PON(Passive Optical Network)技術が注目されているが,このPONの上り伝送にバースト伝送技術が用いられている.連続信号用光送受信機の設計技術に比べ,様々な過渡現象を考慮する必要があるため,難易度の高い設計技術といえる.本稿では主に,これまで提案されてきた瞬時応答化のための回路設計手法について解説し,今後の進むべき方向性について提案する.
寄稿の翻訳タイトルHigh-speed Burst-mode Transmission Technologies
本文言語日本語
ページ(範囲)60-65
ページ数6
ジャーナルJournal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
91
1
出版ステータス出版済み - 1月 1 2008

引用スタイル