1,4-Remote stereocontrol via asymmetric [2,3]-Wittig rearrangements

Katsuhiko Tomooka, Ping Huai Keong, Takeshi Nakai

研究成果: Contribution to journalArticle査読

12 被引用数 (Scopus)

抄録

The carbanion rearrangement of the propargylic ether of the β-(1-alkoxyethyl) allyl alcohol was found to proceed with a high degree of either 1,4-syn or 1,4-anti selection by virtue of the proper choice of the combination of the alkoxy group with the solvent used.

本文言語英語
ページ(範囲)2789-2792
ページ数4
ジャーナルTetrahedron Letters
36
16
DOI
出版ステータス出版済み - 4 17 1995
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 生化学
  • 創薬
  • 有機化学

フィンガープリント

「1,4-Remote stereocontrol via asymmetric [2,3]-Wittig rearrangements」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル