6軸ジャイロを用いた扉の開閉動作による人物同定の初期評価

光来出 優大, 石田 繁巳, 田頭 茂明, 福田 晃

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

家庭内などにおける行動センシングでは,ユーザに心的負担をかけずに人物を同定することが重要である.本稿では,日常の中でも基本的な動作である扉の開閉動作を用いて人物を同定する手法を提案する.「どのドアを誰が開閉したか」という情報を統合すれば屋内空間での人物のトラッキングも可能となる.ドアの開閉時のドア,ドアノブの動かし方には個々人のクセが現れることから,本研究では開閉動作時の加速度やドアノブの各加速度から特徴量を抽出し,機械学習によって人物を同定する.本発表では6軸ジャイロセンサで取得した加速度,角加速度データを用いて人物の同定精度を評価した結果を報告する.
元の言語Japanese
ページ(範囲)93-94
ページ数2
ジャーナル第81回全国大会講演論文集
2019
発行部数1
出版物ステータス出版済み - 2 28 2019

これを引用

6軸ジャイロを用いた扉の開閉動作による人物同定の初期評価. / 光来出優大; 石田繁巳; 田頭茂明; 福田晃.

:: 第81回全国大会講演論文集, 巻 2019, 番号 1, 28.02.2019, p. 93-94.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{409216f0ae0742eeafbe16794edcbf3f,
title = "6軸ジャイロを用いた扉の開閉動作による人物同定の初期評価",
abstract = "家庭内などにおける行動センシングでは,ユーザに心的負担をかけずに人物を同定することが重要である.本稿では,日常の中でも基本的な動作である扉の開閉動作を用いて人物を同定する手法を提案する.「どのドアを誰が開閉したか」という情報を統合すれば屋内空間での人物のトラッキングも可能となる.ドアの開閉時のドア,ドアノブの動かし方には個々人のクセが現れることから,本研究では開閉動作時の加速度やドアノブの各加速度から特徴量を抽出し,機械学習によって人物を同定する.本発表では6軸ジャイロセンサで取得した加速度,角加速度データを用いて人物の同定精度を評価した結果を報告する.",
author = "優大 光来出 and 繁巳 石田 and 茂明 田頭 and 晃 福田",
year = "2019",
month = "2",
day = "28",
language = "Japanese",
volume = "2019",
pages = "93--94",
journal = "第81回全国大会講演論文集",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - 6軸ジャイロを用いた扉の開閉動作による人物同定の初期評価

AU - 光来出, 優大

AU - 石田, 繁巳

AU - 田頭, 茂明

AU - 福田, 晃

PY - 2019/2/28

Y1 - 2019/2/28

N2 - 家庭内などにおける行動センシングでは,ユーザに心的負担をかけずに人物を同定することが重要である.本稿では,日常の中でも基本的な動作である扉の開閉動作を用いて人物を同定する手法を提案する.「どのドアを誰が開閉したか」という情報を統合すれば屋内空間での人物のトラッキングも可能となる.ドアの開閉時のドア,ドアノブの動かし方には個々人のクセが現れることから,本研究では開閉動作時の加速度やドアノブの各加速度から特徴量を抽出し,機械学習によって人物を同定する.本発表では6軸ジャイロセンサで取得した加速度,角加速度データを用いて人物の同定精度を評価した結果を報告する.

AB - 家庭内などにおける行動センシングでは,ユーザに心的負担をかけずに人物を同定することが重要である.本稿では,日常の中でも基本的な動作である扉の開閉動作を用いて人物を同定する手法を提案する.「どのドアを誰が開閉したか」という情報を統合すれば屋内空間での人物のトラッキングも可能となる.ドアの開閉時のドア,ドアノブの動かし方には個々人のクセが現れることから,本研究では開閉動作時の加速度やドアノブの各加速度から特徴量を抽出し,機械学習によって人物を同定する.本発表では6軸ジャイロセンサで取得した加速度,角加速度データを用いて人物の同定精度を評価した結果を報告する.

M3 - 記事

VL - 2019

SP - 93

EP - 94

JO - 第81回全国大会講演論文集

JF - 第81回全国大会講演論文集

IS - 1

ER -