研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

出版年

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016

三國志演義成立史の研究

Inokuchi, C., 3 7 2016, 東京,日本: 汲古書院.

研究成果: Book/ReportBook

三重県関町における伝統木造住宅の現地調査と耐震性能評価

南部恭広, 守屋友貴, 杉野未奈, 渡辺千明 & 林康裕, 2017, : : AIJ Journal of Technology and Design. 23, 53, p. 129-134 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

三刺激値の2乗誤差最小化による分光反射率の推定,'' 映像情報メディア学会誌

Inoue, K., Zhang, Z., Kenji, H. & Urahama, K., 9 2017, : : 映像情報メディア学会誌. 71, 9, p. J214-J217

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

細胞内力学の生体高分子混み合い依存性

池永匡宏, 西澤賢治 & 水野大介, 2017, : : 日本物理学会講演概要集. 72, 0, p. 3177-3177 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

災害対応に要する時間の推定モデル-複数のパスからなる災害対応への適用-

Mizuno, H., TERUNUMA, T. & NISHIMOTO, H., 6 1 2017, : : 自然災害科学. 36, 2, p. 167-178 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

災害対応に要する時間の推定モデル

照沼利浩, 水野秀明 & 西本晴男, 7 2016, : : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering : 砂防学会誌. 69, 2, p. 13-18 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

佐藤直方の『大学』解釈

関幹雄, 12 2016, : : 中国哲学論集 = Studies in Chinese philosophy. 42, p. 44-63 20 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

国会審議の充実策

Akasaka, K., 2018, (準備中) : : The PAGE.

研究成果: Contribution to journalArticle

高精度行列-行列積アルゴリズムにおけるbatched BLASの適用

Ishiguro, F., Katagiri, T., Ohshima, S., Nagai, T. & Ogino, M., 3 2018, 第80回情報処理学会全国大会 予稿集.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

硬膜穿刺後頭痛を疑い治療を行ったが低ナトリウム血症が判明した症例

杉部清佳, 池田水子, 宮崎良平, 東., 神田橋忠 & 外須美夫, 2017, : : 日本臨床麻酔学会誌. 37, 5, p. 600-605 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公共空間用家具の感性評価とファジィ測度

Akita, N., Morita, Y. & Shiizuka, H., 8 2016, ファジィシステムシンポジウム講演論文集. 巻 32. p. 363-368

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

公共空間用家具のデザインプロセス

Akita, N., 2 2016, デザイン保護法制の現状と課題 -法学と創作の視点から-. 日本評論社, p. 338-404

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

固溶炭素を含むフェライト鋼の疲労限およびコーキシング効果に及ぼす Mn 添加の影響

Uchida, Y., Koyama, M., Fukushima, Y. & Tsuzaki, K., 6 2020, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 106, 6, p. 112-122 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

固定性インプラント補綴における咬合調整を考える

松下恭之, 木原優文, 鮎川保則, 江﨑大輔 & 古谷野潔, 2016, : : 日本口腔インプラント学会誌. 29, 2, p. 65-70 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例

Miyauchi, H., Nakano, M., Hirata, M., Tanaka, A., Iwasawa, S., Etoh, N., Omae, K. & Tanaka, S., 2018, : : Journal of UOEH. 40, 4, p. 323-329 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

現代化学における緊張関係: 理論と応用,大学と産業界 (シンポジウム ノーベル賞と産業)

ホフマン, . & 辻雄太, 2017, : : 化学史研究. 44, 3, p. 150-157 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

研究倫理から大学ガイドラインへ

Shuji, I., 5 2020, : : 宗教と社会. 26

研究成果: Contribution to journalArticle

権力分立と正統性

Akasaka, K., 11 2017, : : hogaku-seminar. 754

研究成果: Contribution to journalArticle

鶏肉由来高機能ジペプチドの脳老化予防作用 (第58回日本食肉研究会総会及び大会)

佐藤三佳子, 山下俊太郎, 門岡桂史, 片倉喜範, 長谷川隆則, 松本貴之 & 藤村達也, 2017, : : 食肉の科学. 58, 1, p. 115-117 3 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計

Ono, K., 6 2018, 計算工学講演会論文集. 日本計算工学会, 巻 23. 3 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

慶長使節と安土城図屏風の謎

Schweizer, A., 6 29 2019, (出版なし).

研究成果: Contribution to conferencePaper

刑事施設職員のための欧州倫理規程: 2012年4月12日の欧州評議会閣僚委員会の勧告第5号

九州刑事政策研究会 & 大谷彬矩, 10 2016, : : 法政研究. 83, 1, p. 222-209 14 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

刑事施設における外国人被収容者に関する欧州規則とコンメンタリー

九州刑事政策研究会 & 大谷彬矩, 10 2016, : : 法政研究. 83, 1, p. 208-140 69 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

軍事史とは何か

Kühne, T., Ziemann, B., 中島浩貴, 今井宏昌, 柳原伸洋, 伊藤智央, 小堤盾, 大井知範, 新谷卓, 齋藤正樹, 斉藤恵太 & 鈴木健雄, 2017, 原書房.

研究成果: Book/ReportBook

九州大学福岡演習林におけるニホンジカの目撃数増加と造林木および下層植生への食害

壁村勇二, 榎木勉, 大崎繁, 山内康平, 扇大輔, 古賀信也, 菱拓雄, 井上幸子, 安田悠子 & 内海泰弘, 3 2018, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 99, p. 18-21 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学大学院 工学研究院材料工学部門 材料加工工学大講座

田中將己 & 土山聡宏, 2018, まてりあ, 57, 3, p. 123-123 1 p.

研究成果: Contribution to specialist publicationLetter

九州大学生体防御医学研究所分子機能制御学部門免疫ゲノム生物学分野

Saito, Y. & Baba, Y., 1 1 2019, : : Japanese Journal of Allergology. 68, 6, p. 661-667 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学宮崎演習林における長期森林動態モニタリングプロット8年間の推移

緒方健人, 菱拓雄, 田代直明, 榎木勉, 内海泰弘, 鍜治清弘, 長慶一郎, 山内康平, 久保田勝義, 壁村勇二, 井上幸子, 椎葉康喜, 馬渕哲也, 長澤久視 & 村田育恵, 3 2017, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 98, p. 25-32 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学における要機密情報の保護方法に関する一考察 (技術と社会・倫理)

嶋吉隆夫, 久志昇, 笠原義晃 & 藤村直美, 3 7 2019, : : IEICE technical report. 118, 480, p. 91-98 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

近年のコミュニティ研究の動向とコミュニティ・ソーシャル・アプローチの展望

充彦板東, 紀子高橋 & 飯嶋秀治, 9 2017.

研究成果: Contribution to conferencePoster