研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

出版年

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016

固溶炭素を含むフェライト鋼の疲労限およびコーキシング効果に及ぼす Mn 添加の影響

Uchida, Y., Koyama, M., Fukushima, Y. & Tsuzaki, K., 6 2020, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 106, 6, p. 112-122 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

固有振動数成分除去法による天井走行クレーンの制振

栗原海, 近藤孝広, 森博輝, 松崎健一郎 & 宗和伸行, 2018, : : 日本機械学会論文集. 84, 860, p. 17-00477-17-00477

研究成果: Contribution to journalArticle

固定性インプラント補綴における咬合調整を考える

松下恭之, 木原優文, 鮎川保則, 江﨑大輔 & 古谷野潔, 2016, : : 日本口腔インプラント学会誌. 29, 2, p. 65-70 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

古細菌の<i>N</i>結合型糖鎖供与体(脂質結合型糖鎖)の比較分析

田口裕也, 藤浪大輔 & 神田大輔, 2018, : : Trends in Glycoscience and Glycotechnology. 30, 176, p. J145-J150

研究成果: Contribution to journalArticle

個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例

Miyauchi, H., Nakano, M., Hirata, M., Tanaka, A., Iwasawa, S., Etoh, N., Omae, K. & Tanaka, S., 2018, : : Journal of UOEH. 40, 4, p. 323-329 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

現代化学における緊張関係: 理論と応用,大学と産業界 (シンポジウム ノーベル賞と産業)

ホフマン, . & 辻雄太, 2017, : : 化学史研究. 44, 3, p. 150-157 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

研究倫理から大学ガイドラインへ

飯嶋秀治, 6 2020, : : 宗教と社会. 26, p. 114 116 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

権力分立と正統性

Akasaka, K., 11 2017, : : hogaku-seminar. 754

研究成果: Contribution to journalArticle

鶏肉由来高機能ジペプチドの脳老化予防作用 (第58回日本食肉研究会総会及び大会)

佐藤三佳子, 山下俊太郎, 門岡桂史, 片倉喜範, 長谷川隆則, 松本貴之 & 藤村達也, 2017, : : 食肉の科学. 58, 1, p. 115-117 3 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計

Ono, K., 6 2018, 計算工学講演会論文集. 日本計算工学会, 巻 23. 3 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

景観行政団体による景観誘導手法の運用実態に関する研究 政令市と中核市に着目して

王成康, 坂井猛 & 進藤卓也, 2 2020, : : AIJ Journal of Technology and Design. 62, p. 331-334 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

慶長使節と安土城図屏風の謎

Schweizer, A., 6 29 2019, (出版なし).

研究成果: Contribution to conferencePaper

珪藻<i>Nitzschia palea</i>とアオコの競合特性及びLED照射を用いたシアノバクテリア<i>Microcystis aeruginosa</i>の増殖抑制効果について

渡邉俊介, Podiapen, T. N., 糸瀬亮太, 井芹寧, 郝愛民 & 久場隆広, 2019, : : 土木学会論文集G(環境). 75, 7, p. III_97-III_105

研究成果: Contribution to journalArticle

刑事施設職員のための欧州倫理規程: 2012年4月12日の欧州評議会閣僚委員会の勧告第5号

九州刑事政策研究会 & 大谷彬矩, 10 2016, : : 法政研究. 83, 1, p. 222-209 14 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

刑事施設における外国人被収容者に関する欧州規則とコンメンタリー

九州刑事政策研究会 & 大谷彬矩, 10 2016, : : 法政研究. 83, 1, p. 208-140 69 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

傾斜SiC(0001)面上のBi吸着構造

尾家翔太郎, 梶原隆司, Visikovskiy, A., 安藤寛, 飯盛拓嗣, 宮町俊夫, 小森文夫 & 田中悟, 2018, : : 日本物理学会講演概要集. 73, 0, p. 2393-2393 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

軍事史とは何か

Kühne, T., Ziemann, B., 中島浩貴, 今井宏昌, 柳原伸洋, 伊藤智央, 小堤盾, 大井知範, 新谷卓, 齋藤正樹, 斉藤恵太 & 鈴木健雄, 2017, 原書房.

研究成果: Book/ReportBook

空中超音波のコインシデンス効果を利用するヒートシール瑕疵の非接触検出

森健太, 井上卓見 & 門脇廉, 2020, : : 日本機械学会論文集. 86, 886, p. 19-00381-19-00381

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学福岡演習林におけるニホンジカの目撃数増加と造林木および下層植生への食害

壁村勇二, 榎木勉, 大崎繁, 山内康平, 扇大輔, 古賀信也, 菱拓雄, 井上幸子, 安田悠子 & 内海泰弘, 3 2018, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 99, p. 18-21 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学大学院 工学研究院材料工学部門 材料加工工学大講座

田中將己 & 土山聡宏, 2018, まてりあ, 57, 3, p. 123-123 1 p.

研究成果: Contribution to specialist publicationLetter

九州大学生体防御医学研究所分子機能制御学部門免疫ゲノム生物学分野

Saito, Y. & Baba, Y., 1 1 2019, : : Japanese Journal of Allergology. 68, 6, p. 661-667 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学宮崎演習林における長期森林動態モニタリングプロット8年間の推移

緒方健人, 菱拓雄, 田代直明, 榎木勉, 内海泰弘, 鍜治清弘, 長慶一郎, 山内康平, 久保田勝義, 壁村勇二, 井上幸子, 椎葉康喜, 馬渕哲也, 長澤久視 & 村田育恵, 3 2017, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 98, p. 25-32 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州大学における要機密情報の保護方法に関する一考察 (技術と社会・倫理)

嶋吉隆夫, 久志昇, 笠原義晃 & 藤村直美, 3 7 2019, : : IEICE technical report. 118, 480, p. 91-98 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州支部若手研究会企画「塑性力学基礎講座」報告

津守不二夫, 2018, : : ぷらすとす. 1, 7, p. 505-506 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

九州支部の活動状況

永迫弘行, 恵良秀則, 山本修治, 津守不二夫 & 吉川伸麻, 2019, : : ぷらすとす. 2, 13, p. 49-50 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

金属粉末射出成形法による大型複雑形状部品の変形制御

長田稔子, 橋川龍一, 工藤健太郎, 津守不二夫 & 三浦秀士, 2016, : : 年次大会. 2016, 0, p. S0410101

研究成果: Contribution to journalArticle

近年のコミュニティ研究の動向とコミュニティ・ソーシャル・アプローチの展望

充彦板東, 紀子高橋 & 飯嶋秀治, 9 2017.

研究成果: Contribution to conferencePoster

筋内力を利用した位置制御手法の提案と実験的検証

佐藤正昂, 田原健二 & 木野仁, 2016, : : ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2016, 0, p. 2P2-12a1

研究成果: Contribution to journalArticle

筋内力を利用した位置制御手法の外力に対するロバスト性の実験的検証

佐藤正昂, 木野仁 & 田原健二, 2016, : : 年次大会. 2016, 0, p. G1500103

研究成果: Contribution to journalArticle

筋の粘弾性特性を考慮した筋骨格ポテンシャル法の基礎的な解析

木野仁, 金城善博, 田原健二, 後藤雅明 & 小杉卓裕, 2019, : : ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2019, 0, p. 2P2-S08

研究成果: Contribution to journalArticle

均衡会話コーパス設計のための一日の会話行動に関する基礎調査

小磯花絵, 土屋智行, 渡部涼子, 横森大輔, 相澤正夫, 伝康晴, Hanae, KOISO., Tomoyuki, TSUCHIYA., Ryoko, WATANABE., Daisuke, YOKOMORI., Masao, AIZAWA. & Yasuharu, DEN., 1 2016, : : 国立国語研究所論集. 10, p. 85-106 22 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

局所加熱面上の液滴蒸発および熱流動に関する研究

Kita, Y., Zhang, H., Askounis, A., Sakoda, N., Takata, Y. & Sefiane, K., 5 29 2019.

研究成果: Contribution to conferencePaper

局所加熱による液滴の内部対流と蒸発速度への影響

Kita, Y., Askounis, A., Kohno, M., Takata, Y., Kim, J. & Sefiane, K., 5 24 2016, p. J222.

研究成果: Contribution to conferencePaper

教育における合理的配慮のニーズと課題 (特集 教育現場における合理的配慮)

田中真理, 11 2018, : : 教育と医学. 66, 11, p. 952-958 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle