研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

オブジェクト指向並列化クラスライブラリの開発と性能評価

小野謙二, 玉木剛, 野田茂穂, 岩田正子 & 重谷隆之, 5 15 2007, : : 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS). 48, 8, p. 44-53 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オランダ・ハイテクキャンパスに見る 次のシリコンバレーの条件

Fenwick, M. & Vermeulen, E. P. M., 8 2017, : : 事業構想. 2017, 8

研究成果: Contribution to journalArticle

オレフィン系低GWP冷媒の熱物性に関する研究動向

粥川洋平, 迫田直也 & 赤坂亮, 2020, : : 日本冷凍空調学会論文集. 37, 1, p. 1-44 44 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オレフィン系冷媒R 1234yfおよびR 1234ze(E)の熱力学性質に関する研究動向

赤坂亮, 粥川洋平, 田中勝之 & 東之弘, 3 31 2011, : : 日本冷凍空調学会論文集. 28, 1, p. 1-17 17 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オレフィン系冷媒R 1234yf およびR 1234ze(E) の熱力学性質に関する研究動向

赤坂亮, 粥川洋平, 田中勝之 & 東之弘, 2011, : : 日本冷凍空調学会論文集. 28, 1, p. 1-17 17 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オンデマンド位置情報サービスに向けた分散測位システムの通信量評価

石田繁巳, 田頭茂明 & 福田晃, 1 26 2015, : : IEICE technical report. 114, 418, p. 169-174 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オンデマンド屋内位置情報サービスに向けた分散測位型 アドホック測位ネットワーク

石田繁巳, 田頭茂明, 荒川豊 & 福田晃, 5 2018, : : 電子情報通信学会論文誌 (B). J101-B, 5

研究成果: Contribution to journalArticle

オンラインマルチメディア英和辞書における画像資料の選択

鈴木右文, 2008, : : 言語文化論究. 23, p. 17-25 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

オンライン会議システムを用いた遠隔聴能形成の試み

河原一彦, 高田正幸, 森尾謙一 & 藤原賢, 7 20 2020, : : 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting. 50, 4, p. 211-216 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ガス-水相対浸透率の測定精度向上に有用な気液混合微少流量計の開発

Sugai, Y., Sasaki, K. & Yamanoue, J., 3 25 2012, : : Journal of MMIJ. 128, 4,5, p. 198-208 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

カックロール(Momordica dioica Roxb.) の八倍体作出

長泰弘, 尾崎行生, 大久保敬 & 松田鹿徳, 2 2006, : : SCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.. 61, 1, p. 55-61 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カッシーラーとジンメル--文化の葛藤と架橋 (特集 架橋する思想)

鏑木政彦, 1 2009, : : 創文. 516, p. 37-40 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カップ積層型カーボンナノチューブの発光現象とマイクロチップ電気泳動への応用

井上陽介, 岡本行広, 加地範匡, 渡慶次学 & 馬場嘉信, 6 5 2009, : : Bunseki Kagaku. 58, 6, p. 517-521 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カトリック高遊原教会の営繕と災害復旧

Fukushima, A., 6 2020, : : AIJ Journal of Technology and Design. 26, 63, p. 741-746 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

カトリック手取教会の営繕と災害復旧

Fukushima, A., 1 1 2019, : : AIJ Journal of Technology and Design. 25, 60, p. 983-988 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

ガバナンス

Akasaka, K., 12 2017, : : hogaku-seminar. 755, p. 72-77 6 p., 755.

研究成果: Contribution to journalArticle

カラシナ(Brassica juncea Cross.)由来の揮発性物質による雑草の発芽抑制

草川知行, 平舘俊太郎 & 藤井義晴, 3 2000, : : 千葉県農業試験場研究報告. 41, p. 29-34 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ガラス上におけるSiGe薄膜のアルミニウム誘起結晶化とその成長メカニズム

川畑直之, 黒澤昌志, 佐道泰造 & 宮尾正信, 4 16 2010, : : IEICE technical report. 110, 16, p. 13-17 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ガラス造粒粉体の多相アークによるインフライト溶融特性

田中学, 鶴岡洋佑, 劉雅萍, 松浦次雄, 渡辺隆行, 田口潤 & 矢野哲司, 2010, : : 化学工学会 研究発表講演要旨集. 2010, 0, p. 421-421 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カラマツ生立木の非破壊腐朽診断: 応力波測定法と打診法の比較

小林元, 古賀信也, 田代直明, 大崎繁, 山内康平, 鍛治清弘, 内海泰弘 & 岡野哲郎, 1 31 2007, : : 樹木医学研究. 11, 1, p. 9-12 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カラマツ造林木から得られた丸太の未成熟材率

古賀信也, 堤壽一 & 小田一幸, 3 1995, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 72, p. 217-227 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

カラマツ林における風倒木放置が残存立木のカラマツヤツパキクイムシ被害に与える影響

長慶一郎, 原秀穂, 菱拓雄, 田代直明, 馬渕哲也, 井上幸子, 山内康平, 緒方健人 & 古賀信也, 3 30 2012, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 93, p. 6-11 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

がん化学療法における患者指導シートの効率的作成システムの構築と評価

入佐俊弘, 辻敏和, 吉田実, 中嶋一恵, 池末裕明, 平川良宏, 末安正典, 江頭伸昭 & 大石了三, 2012, : : 医療薬学. 38, 4, p. 211-219 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

キク花弁に存在する新色素、シアニジン3-3", 6"-ジマロニルグルコサイドの同定

中山真義, 腰岡政二, 柴田道夫, 平舘俊太郎, 杉江元 & 山口雅篤, 3 29 1997, : : 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表. 66, 1, p. 416-417 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

キネシンの非平衡エネルギー計測と解析

有賀隆行, 富重道雄 & 水野大介, 2017, : : 日本物理学会講演概要集. 72, 0, p. 3119-3119 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

キムネクロナガハムシ

Takasu, K. & Takano, S., 7 30 2010, 昆虫の低温耐性: その仕組みと調べ方. Tsumuki, H., Tanaka, K. & Goto, M. (版). 岡山大学出版会, p. 296-297 2 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

キムネクロナガハムシに存在する2つの系統 : 東ティモールでの2系統間のココヤシへの加害と分布拡大

Takano, S. & Takasu, K., 10 20 2015, ハムシの生態と行動. ニューサイエンス社, (昆虫と自然).

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

キャンパス内デジタル放送システムの試作

Fujisaki, K., Okada, Y., Takano, S. & Ishida, K., 7 1 2015, : : 日本e-Learning学会論文誌. 15, p. 15-23 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle