研究成果の検索

1991

視覚的シミュレータの開発支援システムFES

Okada, Y. & Tanaka, Y., 6 1 1991, : : 情報処理学会論文誌. 32, 6, p. 766-776 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1992

P10 リン酸による合成鉄鉱物の溶解

平舘俊太郎 & 井上克弘, 1992, : : 粘土科学討論会発表論文抄録. 36, 0, p. 108-109 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2009
Production function
Japan
Economic growth
IT investment
Japanese economy
2003

Quasimodular forms as solutions to a differential equation of hypergeometric type

Kaneko, M. & Koike, M., 2003, : : Galois Theory and Modular Forms. p. 329-336 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2012
2011

福島が関東への電力供給地になった時

宮地英敏, 11 2011, : : 書斎の窓. 609, p. 37-41 5 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿レター

1995
Vernacular Chinese
Sixties
2019
公開
2012

濱文庫所蔵唱本目録稿(5)

中里見敬, 山根泰志 & 李麗君, 2012, : : 九州大学附属図書館研究開発室年報. p. 51-60 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1997

Collaborative Environments of IntelligentBox for Distributed 3D Graphic Applications

Okada, Y. & Tanaka, Y., 6 1 1997, Proc. of Computer Animation '97. IEEE Computer Society, p. 22-30 9 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

2007

営農計画システムへの導入を目的とした農薬使用の環境リスク指標と経済性指標の統合化手法

佐藤正衛, 南石晃明, 菅原幸治 & 亀屋隆志, 2007, : : 農業情報研究. 16, 1, p. 22-32 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

agricultural technology
decision support system
environmental risk
pesticide
farm

台湾における日本語ディベート教育の実践研究

Inoue, N., 3 31 2007, 財団法人交流協会(公益財団法人日本台湾交流協会). 80 p. (日台研究支援事業報告書)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

公開
2015

Review of Education as Cultivation in Chinese Culture edited by Shihkuan Hsu and Yuh-Yin Wu

Chen, S., 2015, : : Citizenship Teaching and Learning. 11, 1, p. 107-109 3 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿著書/映画/記事の評論

2005

theStrings the Collection ‐音から創る動きとカタチの表現‐

藤木淳 & 富松潔, 2005, : : 芸術科学会論文誌. 4, 4, p. 128-134 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

acoustics
strings
arts
echoes
2013

Partial order of concentration about a position for comparing Bayesian prior densities

Yanagimoto, T. & Ohnishi, T., 2013, : : Far East Journal of Theoretical Statistics. 45, 2, p. 111-132

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2012

濱文庫所蔵唱本『改良文明棍新編』訳注

戚世雋, 土屋育子 & 中里見敬, 3 2012, : : 文学研究. 109, 0, p. 31-50 20 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2012
2005
school
experience
student
environmental consciousness
environmental education
2008

The output mechanism of circadian pacemaker neuropeptide PDF in the regulation of bimodal locomotor distribution

Takeda, Y., Koga, K., Matsushima, A., Shimohigashi, M. & Shimohigashi, Y., 2008, Peptide Science 2007. p. 65-68

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

2009

寄生蜂の学習

Takasu, K., 3 30 2009, バイオロジカル・コントロール: 害虫管理と天敵の生物学. Nakai, M., Ohno, K. & Tanaka, T. (版). 朝倉書店, p. 95-105 9 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

2003

71 植物由来の精油混合物が有する植物成長促進作用(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)

中島江里, Iqbal, Z., 濱野満子, 荒谷博, 平舘俊太郎 & 藤井義晴, 4 19 2003, : : 雑草研究. 42, p. 152-153 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2004

高等菌類子実体のアレロパシー

荒谷博, 関谷敦, 平舘俊太郎 & 藤井義晴, 2004, : : 雑草研究. 49, 0, p. 176-177 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2015

乾式パネルを用いた大垂壁を有する伝統木造軸組架構の静的加力実験

澁谷悦敬, 南部恭広, 大村早紀, 横部達也, 杉野未奈 & 林康裕, 2015, : : AIJ Journal of Technology and Design. 21, 49, p. 1031-1036 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Bearings (structural)
Timber
Bending strength
Specifications
2009

Specific features of transient Ras and sustained Rap1 activation

Ozaki, Y., Uda, S. & Kuroda, S., 2009, Systems Biology: the Challenge of Complexity Springer . p. 121-127

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

2011

23-4 異なる土壌が充填されたライシメーターにおける間接N_2O排出の比較(23.地球環境)

南川和則, 早川敦, 西村誠一, 秋山博子, 和穎朗太, 平舘俊太郎 & 八木一行, 8 8 2011, : : 日本土壌肥料学会講演要旨集. 57, p. 172

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1993
52 引用 (Scopus)

Polynomial Arithmetic Analogue of Halton Sequences

Tezuka, S., 1 4 1993, : : ACM Transactions on Modeling and Computer Simulation (TOMACS). 3, 2, p. 99-107 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Digital arithmetic
Discrepancy
Computer Simulation
Polynomials
Analogue
2018
Body Temperature
Publications
Anesthesia
2007

中国大都市における食品認証制度の普及促進効果: 大連市の中間所得層の消費者を対象とした実証分析

劉小ナン, 森高正博, 豊智行, 福田晋 & 甲斐諭, 12 31 2007, : : 農業市場研究. 16, 2, p. 58-68 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

empirical analysis
certification
income
food
food safety
2001

スーパーマーケットの売場における音環境に関する意識調査

川田一貴 & 岩宮眞一郎, 2 15 2001, : : IEICE technical report. 100, 635, p. 79-86 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

acoustics
public address systems
promotion
2008

三 弥生時代(考古,日本,二〇〇七年の歴史学界-回顧と展望-)

田尻義了, 5 20 2008, : : 史學雜誌. 117, 5, p. 661-665 5 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2000

ミレニアム企画「1999年に聞いた音・2000年最初に開いた音」

岩宮眞一郎, 5 2000, : : サウンドスケープ. 2, p. 64-71 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Oxides
Sintering
Microstructure
Seebeck coefficient
Crystallites
2013

日本語における上下メタファーの体系構成及びその特徴に関する一考察

鐘勇 & 井上奈良彦, 2013, : : 言語文化論究. 30, p. 13-26 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1997

Proving, Attacking, and Defending: An Analysis of Debating in English Speaking Societies(ESS)

Inoue, N., 1997, : : 言語科学. 32, p. 1-17 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2006

起立工商会社と政府融資

宮地英敏, 1 2006, : : 経済学論集. 71, 4, p. 59-74 16 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2012

Relative poverty line (with Nakajima, K.)

Takeda, Y., 2012, The Methodologies of the Subsistence Minimum Determination in Kazakhstan: the Ways and Approaches to Improve. ILO, p. 42-44

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

2006

TOEICによる九州大学工学部生の英語教育効果測定をめぐって

鈴木右文, 2006, : : 言語文化論究. 21, p. 49-55 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2003
1995

<書評>趙毅衡著『苦悩的叙述者--中国小説的叙述形式与中国文化』

中里見敬, 5 30 1995, : : 集刊東洋學. 73, p. 73-80 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2015

濱文庫所蔵唱本目録

Nakazatomi, S., 戚世雋, 中尾友香梨, 山根泰志 & 李麗君, 12 2015, 福岡: 花書院. 289 p. (九州大学大学院言語文化研究院FLC叢書; 巻数 11)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

2017

Proposal of THz Phase Control System Utilizing Chromatic Dispersion at Optical Device and Its Feasibility Demonstration

Yamanaka, Y., Kuboki, T. & Kato, K., 8 2017, CLEO-PR/OECC/PGC2017.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

2014

Influence Analysis of the Circadian Evening Pacemaker Neuropeptide hugγ Gene in the Bisphenol A-exposed Fruit Fly Drosophila Brain

Umeno, S., Matsuo, A., Matsuyama, Y., Nakamura, M., Takeda, Y., Sumiyoshi, M., Liu, X., Matsushima, A. & Shimohigashi, Y., 2014, Peptide Science 2013. p. 455-456

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

2015

Bisphenol A-induced substantial peak decay of Drosophila circadian neuropeptide hugin mRNA expression

Shotaro, U., Matsuo, A., Matsuyama, Y., Nakamura, M., Koga, K., Liu, X., Matsushima, A., Shimohigashi, M. & Shimohigashi, Y., 2015, Peptide Science 2014. p. 41-42

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

2014

Specific Role of Phe Residues in Opioid Peptide Met-enkephalin- Arg-Phe in Binding to All Three Opioid Receptors

Motomatsu, Y., Nishimura, H., Matsumoto, Y., Inamine, S., Kuramitsu, Y., Matsushima, A. & Shimohigashi, Y., 2014, Peptide Science 2013. p. 317-318

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

1995

Herpes zoster in children with bone marrow transplantation: Report from a single institution

Nakayama, H., Okamura, J., Ohga, S., Miyazaki, C., Matsuzaki, A., Ikuno, Y., Ueda, K. & Tasaka, H., 1 1 1995, : : Acta Paediatrica Japonica (Overseas Edition). 37, 3, p. 302-307 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Herpes Zoster
Bone Marrow Transplantation
Busulfan
CD4-CD8 Ratio
Chickenpox
2005
56 引用 (Scopus)

Daily expression of clock genes in whole blood cells in healthy subjects and a patient with circadian rhythm sleep disorder

Takimoto, M., Hamada, A., Tomoda, A., Ohdo, S., Ohmura, T., Sakato, H., Kawatani, J., Jodoi, T., Nakagawa, H., Terazono, H., Koyanagi, S., Higuchi, S., Kimura, M., Tukikawa, H., Irie, S., Saito, H. & Miike, T., 11 1 2005, : : American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology. 289, 5 58-5, p. R1273-R1279

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Circadian Rhythm Sleep Disorders
Blood Cells
Healthy Volunteers
Gene Expression
Exercise Therapy