研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

出版年

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2012
  • 2011

食料リスクと次世代農業経営 (基調テーマ リスクへの備えと地域・農業)

南石晃明, 2012, : : JC総研report. 22, 0, p. 13-19 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

伸線パーライト鋼におけるデラミネーション発生メカニズム

田中將己, 真鍋敏之, 森川龍哉 & 東田賢二, 2019, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 105, 2, p. 155-162 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

1 引用 (Scopus)

伸線パーライト鋼の変形機構に対するマルチスケールアプローチ

下川智嗣, 大橋鉄也, Tanaka, M. & Higashida, K., 6 2016, しなやかで強い鉄鋼材料: 革新的構造用金属材料の開発最前線. エヌ・ティー・エス, p. 345-354 10 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

信号処理と判別分析法を用いた 廃蛍光管の分類

太屋岡篤憲, 太屋岡恵里子, 平島剛 & 笹木圭子, 2016, : : Journal of MMIJ. 132, 3, p. 53-58 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

侵入害虫キムネクロナガハムシの生態と分布拡大

Takasu, K. & Takano, S., 9 10 2011, 地球温暖化と南方性害虫. 北隆館, p. 175-187 13 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

新規フッ素系ビナフチル誘導体を添加したブルー相の特性評価

柿坂康太, 樋口博紀, 奥村泰志 & 菊池裕嗣, 2011, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2011, 0, p. 184-184 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新規材料とシステム開発の融合による革新的新規高性能SOFCの創出

立川雄也, 松崎良雄 & 佐々木一成, 2016, : : Fine ceramics report. 34, 1, p. 27-31 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新生児の自発運動評価を目的とした General Movements 診断支援システム

中島翔太, 右田涼, 早志英朗, 芝軒太郎, 島圭介, 島谷康司, 中塚幹也, 竹内章人, 中村信 & 栗田雄一, 2014, : : 計測自動制御学会論文集. 50, 9, p. 684-692 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

森林資源科学の抽出成分の機能性に着目した研究展開

Shimizu, K., 2016, : : 生物資源. 10, 2

研究成果: Contribution to journalReview article

深層崩壊の発生の可能性のある領域の抽出 (特集 深層崩壊に挑む)

水野秀明, 8 2015, : : 土木学会誌. 100, 8, p. 18-21 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

神の足跡を求めて: ポール・クローデルと『神秘の島』 (特集 神秘の島)

倉方健作, 4 2012, : : Excelsior!. 0, 6, p. 109-120 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

神経科学実験と多変量解析による音韻理論の実証

Ohta, S., 9 20 2016, 現代音韻論の動向: 日本音韻論学会20周年記念論文集. p. 114-117 4 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

人口減少都市における縮退型都市計画の導入プロセスに関する研究

矢吹剣一, 黒瀬武史 & 西村幸夫, 2017, : : 日本建築学会計画系論文集. 82, 740, p. 2609-2617 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

人口減少都市における総合計画に基づく荒廃除去活動の実践に関する考察

矢吹剣一, 黒瀬武史 & 西村幸夫, 2017, : : 日本建築学会計画系論文集. 82, 739, p. 2313-2323 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

人類学会の安全教授と大学ガイドラインの間で

Shuji, I., 1 14 2020, フィールドワークの安全対策. 古今書院, p. 113 123 p. (FENICS; 巻数 9).

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

水界面におけるバイオイナート高分子の凝集状態と熱運動特性

Matsuno, H. & Tanaka, K., 1 1 2019, : : KOBUNSHI RONBUNSHU. 76, 3, p. 185-195 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

水素製造施設から排出されるCO₂の地中貯留を想定した漏洩モニタリング

Sugai, Y., Susanto, V. & Sasaki, K., 6 2015, : : Petrotech. 38, 6, p. 411-416 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

水平単一矩形ミニチャンネルにおけるHFCおよびHFO冷媒の凝縮熱伝達特性

松本崇, 荒田洋平, 沓屋魁, 宮田一司, 濱本芳徳 & 森英夫, 11 15 2019, : : 日本冷凍空調学会論文集.

研究成果: Contribution to journalArticle

水平微細三角形流路内の沸騰熱伝達と気液二相圧力損失

Miyata, K., Nakatsuru, T., Hirata, K., Mori, H. & Hamamoto, Y., 2015, : : 日本冷凍空調学会論文集. 32, 2, p. 163-174

研究成果: Contribution to journalArticle

数値流体力学(CFD)を用いた二温度帯コンテナ設計指針の検討

Sekiya, M., Tanaka, F., Fumihiko, T., Uchino, T., Fujita, A., Katou, S. & Taniguchi, M., 2018, : : 日本冷凍空調学会論文集. 35, 3, p. 211-218 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

杉原リストと上海のポーランド総領事館の名簿

阿部吉雄, 2011, : : 言語文化論究. 0, 27, p. 103-120 18 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

世界のジャポニカ米市場と日本産米の競争力

伊東正一, 南石晃明, 陳妹凝, 加賀爪優, 加古敏之, 齋藤文信, 渡邉大樹, 齋藤陽子, 松江勇次, 加藤和直, 松波寿典 & 熊丸敏博, 2015, 農林統計出版.

研究成果: Book/ReportBook

世界自動車部品企業の新興国市場展開の実情と特徴

Kobayashi, H., Jin, Y. & Schroeder, M., 7 1 2017, Tsugeshobo. 293 p.

研究成果: Book/ReportBook

政策と政治過程の言説分析: アジア通貨危機におけるIMF政策をめぐって

Oga, T., 2017, 政治と言語. 大石紘一郎 & 荒木義修 (版). 東京: 愛育出版, p. 145-185

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

正則化回帰によるブラインドBM3Dデノイジング

Hara, K., Inoue, K. & Urahama, K., 2017, : : IEICE Transactions on Information and Systems. J101-D, p. 866-869

研究成果: Contribution to journalArticle

正統化する言説としての文芸批評

Liu, L. H., 西村正男, Nakazatomi, S., Liu, L. H., 刘, 禾, 劉禾, Nishimura, M., Nakazatomi, S., 中里见敬, ニシムラ, . & ナカザトミ, ., 2 2011, : : 言語文化論究. 26, p. 171-198 28 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生産関数による中国農業発展の要因分析--1983〜2006年の要素投入変動と技術進歩

李東坡, 南石晃明, 堀田和彦 & 新開章司, 2 2011, : : 食農資源経済論集. 61, 2, p. 1-10 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生体分子モーター・キネシンの"散逸"を計測する

有賀隆行, 富重道雄 & 水野大介, 2019, : : 生物物理. 59, 6, p. 300-304 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計 (インターネットアーキテクチャ)

松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎 & 岡村耕二, 3 5 2018, : : IEICE technical report. 117, 472, p. 97-102 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle