研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

日本国憲法のアイデンティティ(第1回): The Identity of the Japanese Constitution (1)

Shishido, G., Akasaka, K., Okochi, M., Nishimura, Y., Hayashi, T. & Yamamoto, T., 2018, (準備中) : : Ronkyu-Jurist. 24

研究成果: Contribution to journalArticle

日本国家概況

Liu, X., Liu, Y., Liu, B. & Usuda, Y., 2013, 南開大学出版社.

研究成果: Book/ReportBook

日本語母語話者のためのスペイン語点過去と線過去の教授法をめぐって

山村., 2008, : : 言語文化論究. 23, p. 69-88 20 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語日本文学研究の未来: 博士課程の目指すもの(大学院博士後期課程開設記念シンポジウム)

半藤英明, 揖斐高, 近藤泰弘, 鈴木元, 山田俊 & 川平敏文, 9 2008, : : 熊本県立大学大学院文学研究科論集. 1, p. 3-47 45 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語談話におけるスタイル交替の実態とその効果

松村瑞子 & 因京子, 1998, : : 言語科学. 33, p. 109-118 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語助数詞の「本」に対応する中国語量詞

Dong, Y. & Liu, B., 2010, : : 漢日対比言語研究論叢. 1, p. 124-133

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語教材研究の視点: 新しい教材研究論の確立をめざして

李暁燕, Yoshioka, H., Honda, H., Arakawa, Y., Yoshinaga, M., Kawazumi, Y., Kimira, R., Tanaka, Y., Yamada, T., Nakamata, N. & Kim, 10 2016, Tokyo: Kuroshio Shuppan. 233 p.

研究成果: Book/ReportBook

日本語学と日本語教育-研究と実践

Liu, X. & Liu, B., 2014, 南開大学出版社.

研究成果: Book/ReportBook

日本語会話におけるポライトネス: Brown&Levinson(1987)の妥当性を中心に

松村瑞子, 1999, : : 言語科学. 34, p. 51-60 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語の歴史的現在と主語の人称

松村瑞子, 1997, : : 言語科学. 32, p. 123-132 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語の文脈指示詞「この」の対立型と融合型

Liu, B., 2011, : : KLS. 31, p. 72-83

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語の文脈指示における対立型のソ

Liu, B., 2011, (出版なし).

研究成果: Contribution to conferencePaper

日本語の会話に見られる男女差

松村瑞子, 2001, : : 比較社会文化 : 九州大学大学院比較社会文化研究科紀要. 7, p. 69-75 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語における上下メタファーの体系構成及びその特徴に関する一考察

鐘勇 & 井上奈良彦, 2013, : : 言語文化論究. 30, p. 13-26 14 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語と中国語の文脈指示詞の研究-談話モデル理論からのアプローチ

Liu, B., 2014, (出版なし).

研究成果: Contribution to conferencePaper

日本語と中国語の音の印象を表現する言葉の意味内容の比較

岩宮眞一郎, 山賀洋子 & 張明智, 9 1 1996, : : 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編. 1996, 2, p. 451-452 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本語と中国語の音の印象を表す言葉の国際比較研究

岩宮眞一郎 & 張明智, 5 1997, : : 日本生理人類学会誌 = Japanese journal of physiological anthropology. 2, 2, p. 13-18 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本経済史学の学問的特性に関する一考察

宮地英敏, 3 2014, : : エネルギー史研究. 29, p. 77-89 13 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本経済のグローバル化: 対内外直接投資と貿易構造の実証分析

Shinozaki, A., Inui, T. & Nosaka, H., 1 1998, Tokyo, JAPAN: Toyo Keizai Inc. 178 p.

研究成果: Book/ReportBook

日本型アートプロジェクトの歴史と現在1990年→2012年

熊倉純子, 長津結一郎, アートプロジェクト研究会, Jesty, J., 田村., 相磯展子 & 海老原周子, 2016, アーツカウンシル東京.

研究成果: Book/ReportBook

日本企業の欧州での企業買収効果と買収先の法制度との関係について

葉聰明, 9 30 2010, : : Journal of International Business Studies. 2, 2, p. 75-92 18 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本外務省档案中的郁達夫1936年訪日史料

李麗君, 2011, : : 言語科学. 46, p. 37-45 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本外務省所蔵資料から解く郁達夫の訪日

李麗君, 2014, : : 言語文化論究. 33, p. 55-68 14 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本の土壌炭素賦存量を量・質の両面から考える

川東正幸, 高橋正, 藤井一至, 高橋正通, 三浦覚, 石塚成宏, 金子真司, 白戸康人, 矢ヶ崎泰海, 高田裕介, 和頴朗太, 岸本文紅, 米村正一郎, 平舘俊太郎, 渡邊眞紀子, 泉岳樹, 藤嶽暢英 & 飯村康夫, 6 2013, : : 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition. 84, 3, p. 224-229 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本の国宝 [National Treasures of Japan]

Bogel, C. J. (翻訳者), 1999, 朝日新聞社.

研究成果: Other contribution

日本に滞在する韓国人を対象とした日本と韓国の音環境比較調査

岩宮眞一郎 & 申鍾賢, 7 2002, : : サウンドスケープ. 4, p. 75-82 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本におけるGAP実施の実態と今後の問題点‐栃木県における実態調査の分析‐

田上隆一, 日野赤彦, 田上隆多 & 南石晃明, 2009, : : 農業情報研究. 18, 4, p. 199-208 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本における情報関連投資の実証分析

Shinozaki, A., 3 1998, : : Kokumin Keizai. 161, p. 1-25 25 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

日本における郁達夫研究: 鈴木正夫氏の研究を例に

李麗君, 2012, : : 言語文化論究. 29, p. 113-129 17 p.

研究成果: Contribution to journalArticle