研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

上野英信

Miyachi, H., 5 2006, 記憶と記録: 炭鉱は生きる. 福岡市: 九州大学附属図書館, p. 12-13 2 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

情報ネットワーク社会における農業経営支援

南石晃明, 9 13 1999, : : 農林経済. 9207, p. 2-6 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報化とグローバル化の大奔流を地方創生にどう活かすか: ネットと結びついたインバウンド消費とふるさと納税の取り組み事例

Shinozaki, A., 12 2015, 明日の地方創生を考える. Tokyo, JAPAN: Toyo Keizai Inc., p. 106-131 26 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

情報化と農林水産統計 (特集 これからの農林水産統計)

南石晃明, 11 1997, : : 農林統計調査. 47, 11, p. 7-11 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報革命の構図: 日米経済に何が起こっているか

Shinozaki, A., 3 1999, Tokyo, JAPAN: Toyo Keizai Inc. 227 p.

研究成果: Book/ReportBook

情報構造化環境における情報管理の一手法

村上剛司, 長谷川勉, 木室義彦, 千田陽介, 家永貴史, 有田大作 & 倉爪亮, 3 15 2008, : : 日本ロボット学会誌. 26, 2, p. 192-199 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報構造化環境における没入感VRインタフェースの開発

ピョ, ., 辻徳生, 橋口優香 & 倉爪亮, 2015, : : 日本ロボット学会誌. 33, 8, p. 651-654 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報構造化環境プラットフォームROS-TMSとBig Sensor Boxの提案

倉爪亮, ピョ, ., 辻徳生 & 河村晃宏, 2017, : : 日本ロボット学会誌. 35, 4, p. 346-357 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報通信技術で次世代農業にチャレンジ (特集 成長期待高まる日本農業)

南石晃明, 7 2009, : : AFCフォーラム. 57, 4, p. 11-14 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

情報通信技術と経済成長

Shinozaki, A., 3 2007, ソシオネットワーク戦略とは何か. Tokyo, JAPAN: Taga Shuppan, p. 83-101 19 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

情報爆発時代のセンサ情報処理

戸辺義人, 川原圭博 & 木實新一, 8 1 2011, : : Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. 94, 8, p. 684-688 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

蒸発熱を考慮した火砕物による融雪量推定に関する研究

泉山寛明, 堤大三, 野池耕平, 藤村直樹 & 水野秀明, 11 2016, : : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering : 砂防学会誌. 69, 4, p. 10-15 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

植物成長阻害物質シアナミドのマメ科植物における分布とその活性

中島江理, 平舘俊太郎, 加茂綱嗣 & 藤井義晴, 2003, : : 雑草研究. 48, 0, p. 136-137 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

植物由来の精油混合物が有する植物成長促進作用

中島江理, 濱野満子, 荒谷博, 平舘俊太郎, 藤井義晴 & Iqbal, Z., 2003, : : 雑草研究. 48, 0, p. 152-153 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

殖民地臺灣的描寫視點: 佐藤春夫《霧社》與頼和〈南國哀歌〉

Akiyoshi, S., 10 2012, 中心到邊陲的重軌與分軌: 日本帝国與臺灣文學・文化研究. 國立臺灣大學出版中心, p. 209-244

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

職業性手腕振動曝露が立位平衡維持に及ぼす影響

田中., 前田享史, 田中正敏 & 福島哲仁, 11 20 2004, : : Journal of Occupational Health. 46, 6, p. 223-228 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

色彩が音楽の印象に与える影響

林克明 & 岩宮眞一郎, 3 1 1999, : : 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編. 1999, 1, p. 581-582 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

色彩が音楽の印象に与える影響

岩宮眞一郎 & 林克明, 1999, : : 芸術工学研究. 1, p. 63-68 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

色彩語「白・黒」の比喩拡張であるメタファー、メトニミーとシネクドキをめぐって-中国語の場合

Dong, Y. & Liu, B., 2009, NEAR 2009 Conference Proceedings Working Papers. 巻 1. p. 31-38

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

色彩語「白」と「黒」の比喩表現をめぐる中日の認知意味的対照研究

Liu, B. & Dong, Y., 2009.

研究成果: Contribution to conferencePaper

色素ドープ(高分子/液晶)複合膜の可変光減衰器への応用 (光エレクトロニクス)

有木一宏, 福島誠治, 樋口博紀, 菊池裕嗣, 八野知博 & 五十嵐保隆, 2 19 2015, : : IEICE technical report. 114, 453, p. 15-20 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

色素ドープ(高分子/液晶)複合膜の可変光減衰器への応用 (光ファイバ応用技術)

有木一宏, 福島誠治, 樋口博紀, 菊池裕嗣, 八野知博 & 五十嵐保隆, 2 19 2015, : : IEICE technical report. 114, 452, p. 15-20 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

色素ドープ(高分子/液晶)複合膜の可変光減衰器への応用 (光通信システム)

有木一宏, 福島誠治, 樋口博紀, 菊池裕嗣, 八野知博 & 五十嵐保隆, 2 19 2015, : : IEICE technical report. 114, 451, p. 5-10 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

食の安全確保と情報技術の展望

南石晃明, 2008, : : 農業情報研究. 17, 4, p. 161-170 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

食育の観点から見る購買基準と購買先の関係性

金沢哲也, 森高正博 & 福田晋, 10 2012, : : 食農資源経済論集. 63, 2, p. 43-54 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

食料リスクと次世代農業経営: 課題と展望

南石晃明, 9 25 2012, : : 農業經濟研究. 84, 2, p. 95-111 17 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

食料リスクと次世代農業経営 (基調テーマ リスクへの備えと地域・農業)

南石晃明, 2012, : : JC総研report. 22, 0, p. 13-19 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

伸線パーライト鋼におけるデラミネーション発生メカニズム

田中將己, 真鍋敏之, 森川龍哉 & 東田賢二, 2019, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 105, 2, p. 155-162 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

1 引用 (Scopus)

伸線パーライト鋼の変形機構に対するマルチスケールアプローチ

下川智嗣, 大橋鉄也, Tanaka, M. & Higashida, K., 6 2016, しなやかで強い鉄鋼材料: 革新的構造用金属材料の開発最前線. エヌ・ティー・エス, p. 345-354 10 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

信仰と科学

Bogdanov, A. A. & 佐藤正則, 2003, 未來社. (転換期を読む, 10)

研究成果: Book/ReportBook

信号処理と判別分析法を用いた 廃蛍光管の分類

太屋岡篤憲, 太屋岡恵里子, 平島剛 & 笹木圭子, 2016, : : Journal of MMIJ. 132, 3, p. 53-58 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

侵入害虫キムネクロナガハムシの生態と分布拡大

Takasu, K. & Takano, S., 9 10 2011, 地球温暖化と南方性害虫. 北隆館, p. 175-187 13 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)

心理劇を通してみられたある青年期高機能自閉スペクトラム症者の共感と自己理解の変容過程

松﨑泰, 滝吉美知香, 高田弘子 & 田中真理, 12 1 2016, : : 心理劇 = The Japanese journal of psychodrama. 21, 1, p. 35-45 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

振幅変調音の擬音語表現とサイン音としての機能イメージ

山内勝也 & 岩宮眞一郎, 7 1 2004, : : 日本音響学会誌. 60, 7, p. 358-367 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新しい概念に基づく不斉触媒の創製と医薬関連物質合成への展開

柴崎正勝, 金井求, 大嶋孝志 & 松永茂樹, 2004, 柴崎正勝/金井求.

研究成果: Book/ReportBook

新しい骨増生術式および骨補填材料の開発-スタチンの局所投与-

神野洋平, 10 10 2013, : : 日本補綴歯科学会誌. 5, 4, p. 414-416 3 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新たな節点法による通気網解析の可能性

Sasaki, K. & Miyakoshi, H., 6 1988, : : Nihon Kogyokaishi. 104, 1204, p. 353-358 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新規デンドロンが示す液晶ブルー相の温度範囲の拡大

芝山聖史, 樋口博紀 & 菊池裕嗣, 2010, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2010, 0, p. 2b11-2b11

研究成果: Contribution to journalArticle

新規に開発した手法を利用したアスパラガス根圏土壌のアレロパシー活性測定法

元木悟, 西原英治, 平舘俊太郎, 藤井義晴 & 篠原温, 2006, : : 園芸学研究. 5, 4, p. 443-446 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新規に開発した手法を利用したアスパラガス根圏土壌のアレロパシー活性測定法(栽培管理・作型)

元木悟, 西原英治, 平舘俊太郎, 藤井義晴 & 篠原温, 12 15 2006, : : 園芸学研究. 5, 4, p. 443-446 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新規フッ素系ビナフチル誘導体を添加したブルー相の特性評価

柿坂康太, 樋口博紀, 奥村泰志 & 菊池裕嗣, 2011, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2011, 0, p. 184-184 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

新規抗てんかん薬血中濃度測定の内製化による効果

Suetsugu, K., Yamamoto, N., Shigematsu, T., Kobayashi, D., Tsuchiya, Y., Nakayama, Y., Tsuji, T., Watanabe, H., Kanaya, A., Masuda, S. & Egashira, N., 2020, : : Yakugaku Zasshi. 140, 8, p. 1035-1040 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開