研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

スラカルタ市とジョグジャカルタ市におけるバティック産業クラスター開発の特徴と課題

ハンダヤニ, . ., 坂井猛, 出口敦 & ディビガルピタヤ, ., 2013, : : 日本建築学会計画系論文集. 78, 686, p. 837-846 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

スレッド性能測定機能を備えた性能モニタライブラリPMlib

Ono, K. & Mikami, K., 12 12 2018.

研究成果: Contribution to conferencePaper

セキショウモ (Vallisneria asiatica) の抗酸化機能に及ぼす銅イオンの影響

?, 愛民, 久場隆広, 井芹寧, 張振家, 劉玉賢 & 原口智和, 12 31 2011, : : Ecology and Civil Engineering. 14, 2, p. 115-122 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

セマンテイックログを用いた可視化システム診断のすすめ

長澤幹夫, 森田秀和, 黒川原佳 & 小野謙ニ, 2009, : : 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan. 29, 1, p. 55-55 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

セマンティックログを用いた可視化システム診断のすすめ

長澤幹夫, 森田秀和, 黒川原佳 & 小野謙二, 7 1 2009, p. 55-56. 2 p.

研究成果: Contribution to conferencePaper

セルゲイ・ブルガーコフにおける近代の超克とマルクス評価

佐藤正則, 2003, : : ロシア史研究. 72, 0, p. 51-65 15 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

センシングネットワーク: 7. 携帯電話を用いたセンシングの可能性と課題

小林亜令 & 木實新一, 9 15 2010, : : 情報処理. 51, 9, p. 1157-1163 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

センシング化シティの試み

木實新一, 石塚宏紀, 岩井将行 & 戸辺義人, 9 21 2010, : : 電気学会研究会資料. IIS, 次世代産業システム研究会 = The papers of Technical Meeting on Innovative Industrial System, IEEE Japan. 2010, 66, p. 17-21 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

せん断モードの疲労き裂進展とは?

濱田繁, 上田正治 & 野口博司, 2019, : : M&M材料力学カンファレンス. 2019, 0, p. OS2004

研究成果: Contribution to journalArticle

ソウリツ ハチジュウゴシュウネン キネン ロンブンシュウ

九州大学法文学部八十五周年/文学部六十周年記念事業実行委員会 & 九州大学文学部, 2010, 九州大学文学部比較宗教学研究室.

研究成果: Book/ReportBook

ソウル市の大学キャンパス周辺における単身者向け集合住宅の立地特性に関する研究

銅基洪, 洪銅基, 坂井猛 & ディビガルピタヤ, ., 10 2018, : : 日本建築学会計画系論文集. 752, p. 1939-1947 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ソウル市の大学キャンパス周辺における単身世帯の小規模住宅の動向及び実態

洪銅基, 坂井猛, デイビガルピティヤ, . & 郝訳然, 1 2020, : : 都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要. 37, p. 39-48 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ソウル市三清洞における都市空間の変容とマネジメントに関する研究

金昭淵, 出口敦, 箕浦永子 & 坂井猛, 2012, : : 日本建築学会計画系論文集. 77, 678, p. 1889-1896 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ソーシャルデザインの基本構造と定量評価の試み: 関係性の動的メカニズムの捕捉

Matsumae, A., 11 2019, Designシンポジウム2019(幹事学会:日本デザイン学会). 6 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

ファイル
12 ダウンロード数 (Pure)
公開

ダイオード整流を用いた多相交流アークの放電特性

田中学, 佐賀弘基, 橋詰太郎, 松浦次雄 & 渡辺隆行, 10 2016, : : 熱工学コンファレンス講演論文集. 2016, 0, p. G125

研究成果: Contribution to journalArticle

タイルドディスプレイシステムChOWDERを利用したオンラインコラボレーション

Ono, K. & Kawanabe, T., 12 13 2018, AXIES年次大会口頭発表プログラム.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

タウリン蓄積による酵母の耐凍性向上の試み

本城賢一, 西孝太郎, 町田豪, 宮本敬久 & 飯尾雅嘉, 6 30 2007, : : 低温生物工学会誌 = Cryobiology and cryotechnology. 53, 1, p. 47-51 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ダグデールモデルを用いた疲労き裂停留限界解析

野口博司, 李博川, 濱田繁 & 小山元道, 2016, : : 年次大会. 2016, 0, p. G0400306

研究成果: Contribution to journalArticle

たこつぼ型心筋症を合併した神経性食欲不振症の2例

西原智恵, 高倉修, 波夛伴和, 横山寛明, 権藤元治, 森田千尋, 河合啓介, 瀧井正人 & 須藤信行, 2014, : : Japanese Journal of Psychosomatic Medicine. 54, 1, p. 67-74 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

タゴール受容の諸相: 日本、中国そして魯迅

Akiyoshi, S., 12 2011, 花書房. 183 p.

研究成果: Book/ReportBook

タスク形式の違いによる中間言語の可変性

大神智春, 1999, : : 第二言語としての日本語の習得研究. 3, p. 94-110 17 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

タッピング法によるリズム表現に関する検討 -日本人と中国人の比較-

安東泰宏 & 岩宮眞一郎, 9 1 1997, : : 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編. 1997, 2, p. 649-650 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

タンクモデルを用いた還元熱水の生産流体への混入率推定法

井村健太郎, 糸井龍一, 田中俊昭 & 福田道博, 1 25 1999, : : Journal of the Geothermal Research Society of Japan. 21, 1, p. 46

研究成果: Contribution to journalArticle

チェロのエンドピンの素材が演奏音の音色に及ぼす影響 -弦ごとの検討-

山内勝也, 岩宮眞一郎 & 甲斐安直, 3 1 2000, : : 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編. 2000, 1, p. 587-588 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

チップ技術によるSNPs解析とプロテオミクス

加地範匡 & 馬場嘉信, 10 25 2004, : : Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society. 76, 10, p. 1275-1282 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ちょっとしたエッセイ: 懺悔の値打ちもない

岩宮眞一郎, 2 1 2001, : : 日本音響学会誌. 57, 2, p. 171

研究成果: Contribution to journalArticle

つば付きディフューザ風車を用いたマルチロータシステムにおける発電出力・抗力特性

宗像秋生, 宮崎淳平, Goeltenbott, U., 大屋裕二 & 内田孝紀, 2016, : : 年次大会. 2016, 0, p. J0550304

研究成果: Contribution to journalArticle

ディーゼルエンジン車アイドル騒音の衝撃性評価尺度

橋本竹夫, 高田正幸, 渋谷元司郎 & 波多野滋子, 9 1 1999, : : 日本音響学会研究発表会講演論文集. 1999, 2, p. 665-666 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ディジタル画像における極座標変換の一方式について

Ono, N. & Takiyama, R., 1 1988, : : IEICE Transactions on Information and Systems. J71-D, 1, p. 75-83 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ディベート ニオケル ダンワ コウゾウ ノ ニチベイ ヒカク

井上奈良彦, 2002, [井上奈良彦]. (科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, 平成11-13年度)

研究成果: Book/ReportBook

ディベート教育の展望

井上奈良彦, 蓮見二郎 & 諏訪昭宏, 2015, 花書院.

研究成果: Book/ReportBook