研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

土壌酸性をめぐる研究の進展と今後の課題: レビューと課題の抽出

犬伏和之, 平舘俊太郎, 櫻井克年, 川東正幸, 馬建鋒, 谷昌幸, 岡崎正規, 林健太郎, 坂本一憲 & 三枝正彦, 10 5 2002, : : 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition. 73, 5, p. 575-583 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

土壌関連 外来植物が好きな土、在来植物が好きな土

平舘俊太郎, 5 2007, : : 圃場と土壌. 39, 5, p. 30-38,図裏表紙

研究成果: Contribution to journalArticle

土壌化学・土壌鉱物

平舘俊太郎, 松永俊朗, 和田信一郎 & 渡邉彰, 12 5 2011, : : 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition. 82, 6, p. 466-478 13 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

土壌の物質循環機能を多角的にみる: 最先端手法が切り拓く新たな姿

和穎朗太, 藤井一至, 磯部一夫, 平舘俊太郎, 伊田奈緒美, 西村拓, 常田岳志, 光延聖 & 妹尾啓史, 8 2016, : : 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition. 87, 4, p. 283-288 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

土壌の化学特性が外来植物と在来植物の住み分けに与える影響 (特集 外来植物のリスク評価と蔓延防止(2))

平舘俊太郎, 森田沙綾香 & 楠本良延, 10 2008, : : 農業技術. 63, 10, p. 469-474 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市生活における実世界センシング

木實新一 & 瀬崎薫, 3 1 2009, : : Journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan. 129, 3, p. 156-159 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市公園のサウンドスケープ 福岡市植物園におけるケース・スタディ:福岡市植物園におけるケース・スタディ

岩宮眞一郎, 中村. & 佐々木實, 1995, : : 騒音制御. 19, 4, p. 198-201 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市公園のサウンドスケープ -福岡市植物園におけるケース・スタディ-

岩宮眞一郎, 中村. & 佐々木實, 8 1 1995, : : 騒音制御. 19, 4, p. 198-201 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市公園のサウンドスケープ-福岡市植物園におけるケース スタディ-

岩宮眞一郎, 1995, : : 騒音制御. 19, 4, p. 34-37 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市域における社叢に対する管理者の意識構造

橋本大輔, 伊東啓太郎 & 飯嶋秀治, 2007, : : 景観生態学. 12, 1, p. 45-52 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

都市における児童・青少年・ホームレスの居場所と環境構造特性

水月昭道, 新谷周平, 飯嶋秀治, 金丸. & 山口奈緒子, 2004, : : 住宅総合研究財団研究年報. 30, 0, p. 263-274 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

徒然草講釈考--元禄期の指南書から

川平敏文, 7 2004, : : 近世文藝. 80, p. 1-14 14 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

徒然草をめぐる儒仏論争--江戸前期文芸思潮一斑 (特集 論争の文学)

川平敏文, 2001, : : 雅俗. 8, p. 19-42 24 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

徒然草の再発見 恋する兼好

川平敏文, 3 2007, : : 文彩. 3, p. 112-104 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電子線後方散乱回折法による浸炭焼入鋼の 硬化層深さと残留応力の評価

坂井田喜久, 稲山朝仁 & 矢代茂樹, 7 2014, : : Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan. 63, 7, p. 557-562 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電子線トモグラフィーによる転位の三次元可視化技術

Tanaka, M., Higashida, K., Kaneko, K., Mitsuhara, M. & Hata, S., 2010, : : Kenbikyo. 45, p. 103-108 6 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

電子線トモグラフィーによる結晶材料組織の3次元可視化

波多聰, 木村耕輔, 光原昌寿, 田中將己, 宮崎裕也, 高紅叶, 松山加苗, 松村晶, 東田賢二, 池田賢一, 中島英治, 森谷智一 & 土井稔, 11 1 2008, : : ふぇらむ = Bulletin of the Iron and Steel Institute of Japan : (一社)日本鉄鋼協会会報. 13, 11, p. 719-726 8 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

電子書籍小説の選別における興味喚起度MAPの有効性の評価

村井聡一 & 牛尼剛聡, 11 12 2012, : : 研究報告データベースシステム(DBS). 2012, 2, p. 1-8 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電子化された小説の選別を支援する「立ち読み」インタフェース

村井聡一 & 牛尼剛聡, 9 27 2013, : : 情報処理学会論文誌データベース(TOD). 6, 4, p. 24-34 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電子セラミックスの最先端研究動向と将来展望

亀原伸男, 竹中正, 篠崎和夫, 米澤正智 & 大瀧倫卓, 1 1 2003, : : セラミックス. 38, 1, p. 58-61 4 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

電気化学的多段酸化を用いた固体酸化物形燃料電池(SOFC)による革新的高効率発電の可能性

松崎良雄, 立川雄也, 染川貴亮, 佐藤洸基, 松本広重, 谷口俊介 & 佐々木一成, 2016, : : エネルギーと動力. 66, 286, p. 50-57 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電界を用いた乳化法の開発とその応用

中野道彦, 國谷彩, 高島和則, 桂進司 & 水野彰, 2 10 2006, : : 静電気学会誌 = Journal of the Institute of Electrostatics Japan. 30, 1, p. 26-31 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

電荷移動相互作用を有する液晶性分子の合成と特性評価

田中瑶子, 樋口博紀 & 菊池裕嗣, 2008, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2008, 0, p. 245-245 1 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

田子内健介・足立公也著『右方移動と焦点化』

Suzuki, Y., 8 1 2005, : : 英語青年. 151, 5, p. 51

研究成果: Contribution to journalBook/Film/Article review

伝熱面一体型吸着体の熱抵抗の測定と吸着材粒子充てん層との比較

Ouchi, T., Hamamoto, Y., Mori, H. & Etoh, A., 2013, : : 日本冷凍空調学会論文集. 30, 4, p. 439-449

研究成果: Contribution to journalArticle

伝統木造住宅における構造的特徴の地域性

南部恭広, 焦鍵, 多幾山法子, 渡辺千明 & 林康裕, 3 25 2013, : : 構造工学論文集. B. 59, p. 585-592 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

転位運動と脆性ー延性遷移挙動,

Tanaka, M., 1 2016, ふぇらむ = Bulletin of the Iron and Steel Institute of Japan : (一社)日本鉄鋼協会会報, 21, p. 29-32 4 p.

研究成果: Contribution to specialist publicationArticle

天草陶石と日本陶磁器業

Miyachi, H., 3 2014, : : KYUSHU UNIVERSITY MANUSCRIPT LIBRARY NEWSLETTER. 8, p. 5-6 2 p.

研究成果: Contribution to journalShort survey

天然物や生体分子を基盤とした新規生理活性物質の創製

平井剛, 2012, : : Yakugaku Zasshi. 132, 1, p. 117-124 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

天然歯とインプラントの共存を研究から考える

松下恭之, 江崎大輔 & 古谷野潔, 2014, : : 日本補綴歯科学会誌. 6, 2, p. 144-148 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

天然ダムの決壊とその対策--市ノ瀬地区水理模型実験を対象として

浅井誠二, 小山内信智 & 水野秀明, 2007, : : 建設技術研究所所報. 2007, 12, p. 29-35 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

鉄中の炭素原子の存在状態に関する最近の研究

Ohtsuka, H. & Tsuzaki, K., 6 2020, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 106, 6, p. 41-51 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開

鉄鋼材料と合金元素

Tanaka, M. & Higashida, K., 2015, 鉄鋼材料と合金元素. 新版 版 日本鉄鋼協会, p. 892-897 6 p.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

適応的バイラテラルフィルタを用いた画像融合

Ogawa, M., Inoue, K., Hara, K. & Urahama, K., 2010, : : IEICE Transactions on Information and Systems. J93-D, p. 1697-1699

研究成果: Contribution to journalArticle

鼎談 教養の射程: 日本文化の展開と書物

川平敏文, 鈴木健一 & 佐藤至子, 7 2015, : : 書物学 = Bibliology. 5, p. 1-12 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

底泥の物理・化学性と底生動物の分布からみた今津干潟の特徴

大坪政美, 朝廣和夫, 高見昌二郎 & 岡部為信, 8 25 1997, : : 農業土木学会論文集. 65, 4, p. 481-489 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

定量分析法における検出限界および定量限界の評価法

市原清志, 細萱茂実, 奥谷竜太, 吉本茂, 井藤一久, 亀子光明, 栢森裕三, 高木康, 中野幸弘, 芳賀利一, 本永秀夫 & 中甫, 7 31 2006, : : Japanese Journal of Clinical Chemistry. 35, 3, p. 280-294 15 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

定信・国学・徒然草--花月草紙箋註 (特集 松平定信の文学圏)

川平敏文, 1 2006, : : 文学. 7, 1, p. 127-139 13 p.

研究成果: Contribution to journalArticle