研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

数値流体力学(CFD)を用いた二温度帯コンテナ設計指針の検討

Sekiya, M., Tanaka, F., Fumihiko, T., Uchino, T., Fujita, A., Katou, S. & Taniguchi, M., 2018, : : 日本冷凍空調学会論文集. 35, 3, p. 211-218 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

数理計画システムmicro-NAPS用メニュー方式ユーザ・インターフェースFSMEの開発

南石晃明 & 真貝文行, 1995, : : 農業情報研究. 4, 2, p. 109-128 20 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

数理計画モデルによる経営支援システムの開発方向と課題

南石晃明, 6 25 1998, : : 農業経営研究. 36, 1, p. 23-31 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

杉原リストと上海のポーランド総領事館の名簿

阿部吉雄, 2011, : : 言語文化論究. 0, 27, p. 103-120 18 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

世の中に必要とされる「音のデザイン」とは?

岩宮眞一郎, 7 9 2002, : : 環境工学総合シンポジウム講演論文集. 2002, 12, p. 38-41 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

世界に誇る砂防技術 - 砂防堰堤 -

水野秀明, 7 15 2001, : : 土木学会誌. 86, 7, p. 62-64 3 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

世界のジャポニカ米市場と日本産米の競争力

伊東正一, 南石晃明, 陳妹凝, 加賀爪優, 加古敏之, 齋藤文信, 渡邉大樹, 齋藤陽子, 松江勇次, 加藤和直, 松波寿典 & 熊丸敏博, 2015, 農林統計出版.

研究成果: Book/ReportBook

世界自動車部品企業の新興国市場展開の実情と特徴

Kobayashi, H., Jin, Y. & Schroeder, M., 7 1 2017, Tsugeshobo. 293 p.

研究成果: Book/ReportBook

性役割パーソナリティ(BSRI)の個人差に及ぼす遺伝的性差・環境的性差

佐々木掌子, 山形伸二, 敷島千鶴, 尾崎幸謙 & 安藤寿康, 2009, : : Shinrigaku Kenkyu. 80, 4, p. 330-338 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

成果紹介 農業技術体系評価・計画データベースによる営農計画策定支援

南石晃明, 松下秀介 & 池田正弘, 9 2003, : : 農業経営通信. 217, p. 22-25 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

成人用エフォートフル・コントロール尺度日本語版の作成とその信頼性・妥当性の検討

山形伸二, 高橋雄介, 繁桝算男, 大野裕 & 木島伸彦, 2005, : : パーソナリティ研究. 14, 1, p. 30-41 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

政策と政治過程の言説分析: アジア通貨危機におけるIMF政策をめぐって

Oga, T., 2017, 政治と言語. 大石紘一郎 & 荒木義修 (版). 東京: 愛育出版, p. 145-185

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

政治的ニーチェ--「自然」の政治学のアポリア

鏑木政彦, 6 2000, : : 思想. 912, p. 87-110 24 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

晴眼者を対象とした盲導鈴に関する意識調査

上田麻理, 高田正幸 & 岩宮眞一郎, 9 19 2006, : : 日本騒音制御工学会技術発表会講演論文集. 2006, p. 221-224 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

正十二面体対称性を有する超分子の分子モデル

Suenaga, M., 2004, : : Journal of Computer Chemistry, Japan. 3, 1, p. 27-34

研究成果: Contribution to journalArticle

正則化回帰によるブラインドBM3Dデノイジング

Hara, K., Inoue, K. & Urahama, K., 2017, : : IEICE Transactions on Information and Systems. J101-D, p. 866-869

研究成果: Contribution to journalArticle

正統化する言説としての文芸批評

Liu, L. H., 西村正男, Nakazatomi, S., Liu, L. H., 刘, 禾, 劉禾, Nishimura, M., Nakazatomi, S., 中里见敬, ニシムラ, . & ナカザトミ, ., 2 2011, : : 言語文化論究. 26, p. 171-198 28 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

正量部における現在劫の終末意識をめぐる問題点

岡野潔, 2002, : : 印度學佛教學研究. 51, 1, p. 393-388 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

正量部の歴史的宇宙論における終末意識

岡野潔, 2000, : : 印度學佛教學研究. 49, 1, p. 406-402 3 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

清平山堂『六十家小説』をめぐって : 『宝文堂書目』著録話本小説の再検討

中里見敬, 1 31 1993, : : 東方学. 85, p. 100-115 16 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生と死の探求

片岡啓, 清水和裕 & 飯嶋秀治, 2013, 九州大学出版会. (九州大学文学部人文学入門, 2)

研究成果: Book/ReportBook

生産関数による中国農業発展の要因分析--1983〜2006年の要素投入変動と技術進歩

李東坡, 南石晃明, 堀田和彦 & 新開章司, 2 2011, : : 食農資源経済論集. 61, 2, p. 1-10 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生鮮食品インターネットショッピング市場の細分化: 韓国を事例として

金鍾和, 森高正博 & 福田晋, 9 25 2013, : : 農業経営研究. 51, 2, p. 96-101 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生体内における超音波伝播挙動の数値解析(OS9-2生物流体工学とその応用(循環器系の血流解析))

今北暁夫, 小野謙二, 吉澤晋 & 松本洋一郎, 11 24 2004, : : 流体工学部門講演会講演論文集. 2004, p. 277

研究成果: Contribution to journalArticle

生体分子モーター・キネシンの"散逸"を計測する

有賀隆行, 富重道雄 & 水野大介, 2019, : : 生物物理. 59, 6, p. 300-304 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

生物兵器とその対策 とくに炭疽について.

Inoue, N. & Fujimoto, S., 2002, : : 山口県医学会誌. p. 89 94 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

生物兵器とその対策-特に炭疽について.

Inoue, N. & Fujimoto, S., 2001, : : 感染症. 179, p. 27 32 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

生物兵器の実体と対策.

Inoue, N. & Fujimoto, S., 2002, : : クリニカ. 29, p. 292 298 p.

研究成果: Contribution to journalReview article

生命体統合シミュレーションでの並列処理ミドルウェアSPHEREの開発と適用

野田茂穂, 杉山和靖, 川島康弘, 小野謙二, 高木周 & 姫野龍太郎, 9 8 2013, p. 1-4. 4 p.

研究成果: Contribution to conferencePaper

精神の学と道徳政治学--前期ディルタイの学問論

鏑木政彦, 2001, : : ディルタイ研究 = Dilthey-forschung. 12, p. 51-77 27 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計 (インターネットアーキテクチャ)

松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎 & 岡村耕二, 3 5 2018, : : IEICE technical report. 117, 472, p. 97-102 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計 (技術と社会・倫理)

松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎 & 岡村耕二, 3 5 2018, : : IEICE technical report. 117, 471, p. 97-102 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

製品解説 魚醤調味料アジベースの特長と食品への応用

深見克哉, 8 2000, : : ニューフードインダストリー. 42, 8, p. 1-7 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle