研究成果の検索

すべてのコンテンツを検索

研究成果 のフィルター

検索コンセプト
選択されたフィルター

出版年

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
2010

ブルー相の発現とホスト液晶の弾性率の関係

峯啓太, 樋口博紀, 奥村泰志 & 菊池裕嗣, 2010, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2010, 0, p. PB22-PB22

研究成果: Contribution to journalArticle

フレーム意味論から見た対照を表す英語の接続詞--whereasを中心に

内田諭, 2010, : : 言語情報科学. 8, p. 1-16 16 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

ペルオキシソームの形成・制御とその障害による高次機能の破綻

Fujiki, Y., Miyata, N., Matsuzono, Y., Matsuzaki, T. & Honsho, M., 8 2010, 実験医学. p. 2094-2101 (実験医学; 巻数 28, 番号 13).

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

ベートーヴェンの第9交響曲: 分析・演奏・文献

Schenker, H., 西田紘子 & 沼口隆, 2010, 音楽之友社.

研究成果: Book/ReportBook

メモリ効率の良いデータ構造を用いたロバストなボクセル化アルゴリズム

小野謙二, 向井亨光 & 佐藤吉将, 5 2010, : : 計算工学講演会論文集. 15, 2, p. 785-788 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

レベルセット関数を用いたpartitioned coupling algorithmのfolded airbag deploymentへの適用

橋本学 & 小野謙二, 5 2010, : : 計算工学講演会論文集. 15, 1, p. 231-234 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

わかる!身につく!病原体・感染・免疫〔第2版)

藤本秀士, 目野郁子 & 小島夫美子, 2010, 改訂2版 版 南山堂.

研究成果: Book/ReportBook

「つれづれ」の季節--江戸前期文芸思潮論

川平敏文, 12 2010, : : 語文研究. 110, p. 1-19 19 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

「マイクロTP-AR(2)」による尿中総蛋白測定試薬の基礎的性能評価

Hokazono, E., Katsuki, H., Ono, M., Hotta, T. & Kayamori, Y., 11 2010, : : Japanese Journal of Clinical Laboratory Automation. 35, 5, p. 920-926

研究成果: Contribution to journalArticle

α-Smooth muscle actin expressing stroma promotes an aggressive tumor biology in pancreatic ductal adenocarcinoma

Fujita, H., Ohuchida, K., Mizumoto, K., Nakata, K., Yu, J., Kayashima, T., Cui, L., Manabe, T., Ohtsuka, T. & Tanaka, M., 11 2010, : : Pancreas. 39, 8, p. 1254-1262 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

66 引用 (Scopus)

β4-Galactosyltransferase-5 is a lactosylceramide synthase essential for mouse extra-embryonic development

Nishie, T., Hikimochi, Y., Zama, K., Fukusumi, Y., Ito, M., Yokoyama, H., Naruse, C., Ito, M. & Asano, M., 10 1 2010, : : Glycobiology. 20, 10, p. 1311-1322 12 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

40 引用 (Scopus)

δ13C-δD distribution of lipid biomarkers in a bacterial mat from a hot spring in Miyagi Prefecture, NE Japan

Naraoka, H., Uehara, T., Hanada, S. & Kakegawa, T., 4 1 2010, : : Organic Geochemistry. 41, 4, p. 398-403 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

8 引用 (Scopus)

ΔNp63α repression of the Notch1 gene supports the proliferative capacity of normal human keratinocytes and cervical cancer cells

Yugawa, T., Narisawa-Saito, M., Yoshimatsu, Y., Haga, K., Ohno, S. I., Egawa, N., Fujita, M. & Kiyono, T., 5 15 2010, : : Cancer Research. 70, 10, p. 4034-4044 11 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

40 引用 (Scopus)
8 引用 (Scopus)

Ξ hypernuclei predicted by the new interaction model ESC08

Yamamoto, Y., Hiyama, E. & Rijken, T. A., 4 12 2010, : : EPJ Web of Conferences. 3, 07007.

研究成果: Contribution to journalConference article

4 引用 (Scopus)

英語遠隔授業における本人認証について-指静脈認証システムの試み-

鈴木右文, 3 31 2010, : : 言語科学. 45, p. 69-78 10 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

英語遠隔授業の受容について: 匿名文字チャットの場合

鈴木右文, 2010, : : e-Learning教育研究. 5, 0, p. 1-9 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

液晶と高分子

菊池裕嗣, 金子光佑 & 樋口博紀, 7 1 2010, : : Kobunshi. 59, 7, p. 465-468 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

延辺朝鮮族自治州档案館所蔵『間島普通学校沿革誌』について

金., 3 2010, : : 韓国言語文化研究. 18, p. 73-108 36 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

音圧データを用いたハイドロフォンによる掃流砂量計測手法に関する基礎的研究

鈴木拓郎, 水野秀明, 小山内信智, 平澤良輔 & 長谷川祐治, 1 15 2010, : : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering : 砂防学会誌. 62, 5, p. 18-26 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

音質評価指標: 入門とその応用

岩宮眞一郎, 12 1 2010, : : 日本音響学会誌. 66, 12, p. 603-609 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

音色の感性学: 音色・音質の評価と創造

岩宮眞一郎, 小坂直敏, 小澤賢司, 高田正幸, 藤沢望 & 山内勝也, 2010, コロナ社. (音響サイエンスシリーズ / 日本音響学会編, 1)

研究成果: Book/ReportBook

化学を学ぶ人のレポート・論文・発表マスターガイド

今田泰嗣, 大嶋孝志 & 廣瀬敬治, 2010, 化学同人.

研究成果: Book/ReportBook

海外研究生活のすすめ

Yasukawa, T., 2010, : : 細胞工学. 29, 5, p. 474-476

研究成果: Contribution to journalComment/debate

街頭宣伝放送を含む音環境下での音による案内に視覚障害者が望む音量

山内勝也, 永幡幸司, 上田麻理 & 岩宮眞一郎, 12 1 2010, : : 騒音制御. 34, 6, p. 483-489 7 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

漢字語彙の運用力の養成に焦点を当てた教材の開発

大神智春 & 清水百合, 3 27 2010, : : 日本語教育方法研究会誌. 17, 1, p. 66-67 2 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

宮崎演習林における哺乳類目撃数のモニタリング

壁村勇ニ, 久保田勝義, 鍜治清弘, 椎葉康喜, 井上幸子, 馬渕哲也, 内海泰弘 & 榎木勉, 3 2010, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 91, p. 29-33 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

宮崎演習林の学術参考保護林と見本林(3)

久保田勝義, 壁村勇二, 鍜治清弘, 椎葉康喜, 内海泰弘, 智和正明 & 榎木勉, 3 2010, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 91, p. 24-28 5 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

宮崎県椎葉村大河内集落における植物の伝統的名称およびその利用法(3)つる,竹

内海泰弘, 村田育恵, 椎葉康喜, 宮島裕子 & 井上晋, 3 2010, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 91, p. 15-18 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

宮崎県椎葉村大河内地区における焼畑農業

椎葉康喜, 内海泰弘, Shiiba, Y. & 内海泰弘, 3 2010, : : Bulletin of the Kyusyu University Forests. 91, p. 34-39 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

虚血性心疾患の新たなマーカーとしての血漿遊離コリンの酵素的測定法の開発

Hokazono, E., Yoshida, A., Yumura, A. & Susumu, O., 12 25 2010, : : Japanese Journal of Medical Technology. 59, 12, p. 1281-1286 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

共焦点レーザー走査顕微鏡によるキラルネマチック相における高分子の拡散挙動の直接観察

金暁進, 博紀博紀, 奥村泰志, 東口顕士 & 菊池裕嗣, 2010, : : 日本液晶学会討論会講演予稿集. 2010, 0, p. PB21-PB21

研究成果: Contribution to journalArticle

曲阜徐州開封洛陽西安旅行記

濱一衛, 中里見敬, 浜一衛, 滨一卫 & 中里见敬, 3 2010, : : 言語文化論究. 25, p. 200-178

研究成果: Contribution to journalArticle

金属材料の加工と組織

Toda, H., 2010, 共立出版.

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter