A 10-Gbit/s CMOS burst-mode clock and data recovery IC for a WDM/TDM-PON access network

Shunji Kimura, Masafumi Nogawa, Kazuyoshi Nishimura, Tomoaki Yoshida, Kiyomi Kumozaki, Susumu Nishihara, Yusuke Ohtomo

研究成果: ジャーナルへの寄稿会議記事査読

13 被引用数 (Scopus)

抄録

We have developed a 10-Gbit/s burst-mode clock and data recovery IC for future WDM/TDM-PON access networks. A fabricated IC (CMOS) Is operated at 10 Gbit/s with preamble bits of 0-16, a duty-cycle variation tolerance of over 15% and a power consumption of 1.2 W.

本文言語英語
論文番号TuR1
ページ(範囲)310-311
ページ数2
ジャーナルConference Proceedings - Lasers and Electro-Optics Society Annual Meeting-LEOS
1
出版ステータス出版済み - 12月 1 2004
外部発表はい
イベント2004 IEEE LEOS Annual Meeting Conference Proceedings, LEOS 2004 - Rio Grande, プエルトリコ
継続期間: 11月 7 200411月 11 2004

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • 電子工学および電気工学

フィンガープリント

「A 10-Gbit/s CMOS burst-mode clock and data recovery IC for a WDM/TDM-PON access network」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル