A bis-cyclometalated iridium complex as a benchmark sensitizer for efficient visible-to-UV photon upconversion

    研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

    60 被引用数 (Scopus)

    抄録

    To resolve the biggest problem in visible-to-UV photon upconversion based on sensitized triplet–triplet annihilation—the quenching of upconverted fluorescence by sensitizers—we discovered a superior sensitizer with less UV absorption intensity that enables highly efficient, low-power (0.78 mW cm−2) visible-to-UV upconversion.

    本文言語英語
    ページ(範囲)13111-13113
    ページ数3
    ジャーナルChemical Communications
    50
    86
    DOI
    出版ステータス出版済み - 10月 2 2014

    All Science Journal Classification (ASJC) codes

    • 触媒
    • 電子材料、光学材料、および磁性材料
    • セラミックおよび複合材料
    • 化学 (全般)
    • 表面、皮膜および薄膜
    • 金属および合金
    • 材料化学

    フィンガープリント

    「A bis-cyclometalated iridium complex as a benchmark sensitizer for efficient visible-to-UV photon upconversion」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    引用スタイル