濱文庫所蔵唱本目録稿(7)

中里見 敬, 山根 泰志, 中尾 友香梨

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十二帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十三帙の著録を行う.第十三~十五帙はいずれも鉛活字本で,北平刊行唱本のシリーズものが収められている.第十三帙は学古堂刊行で,シリーズ番号がアラビア数字で1から103まで付されている.同じく学古堂刊行の第十四帙は,一から二五五までシリーズ番号が漢数字で記される.さらに第十五帙は泰山堂刊行で,シリーズ番号はふられていないものの,本の体裁は学古堂本と一致する.なお,これらシリーズものの唱本は,早稲田大学図書館風陵文庫および東京大学東洋文化研究所雙紅堂文庫蔵本と重複するものが少なくないが,微細な違いが存在し,同版異版の判定は容易ではない(末尾の書影参照).よって,本稿から同版異版の注記を差し控えることとした.
元の言語Japanese
ページ(範囲)51-68
ページ数18
ジャーナル九州大学附属図書館研究開発室年報
DOI
出版物ステータス出版済み - 9 2013

これを引用

濱文庫所蔵唱本目録稿(7). / 中里見敬; 山根泰志; 中尾友香梨.

:: 九州大学附属図書館研究開発室年報, 09.2013, p. 51-68.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

中里見敬 ; 山根泰志 ; 中尾友香梨. / 濱文庫所蔵唱本目録稿(7). :: 九州大学附属図書館研究開発室年報. 2013 ; pp. 51-68.
@article{e643a12ec609456dad355f7d9a8064be,
title = "濱文庫所蔵唱本目録稿(7)",
abstract = "九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十二帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十三帙の著録を行う.第十三~十五帙はいずれも鉛活字本で,北平刊行唱本のシリーズものが収められている.第十三帙は学古堂刊行で,シリーズ番号がアラビア数字で1から103まで付されている.同じく学古堂刊行の第十四帙は,一から二五五までシリーズ番号が漢数字で記される.さらに第十五帙は泰山堂刊行で,シリーズ番号はふられていないものの,本の体裁は学古堂本と一致する.なお,これらシリーズものの唱本は,早稲田大学図書館風陵文庫および東京大学東洋文化研究所雙紅堂文庫蔵本と重複するものが少なくないが,微細な違いが存在し,同版異版の判定は容易ではない(末尾の書影参照).よって,本稿から同版異版の注記を差し控えることとした.",
author = "敬 中里見 and 泰志 山根 and 友香梨 中尾",
year = "2013",
month = "9",
doi = "10.15017/27256",
language = "Japanese",
pages = "51--68",
journal = "九州大学附属図書館研究開発室年報",
issn = "1881-3542",
publisher = "九州大学附属図書館",

}

TY - JOUR

T1 - 濱文庫所蔵唱本目録稿(7)

AU - 中里見, 敬

AU - 山根, 泰志

AU - 中尾, 友香梨

PY - 2013/9

Y1 - 2013/9

N2 - 九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十二帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十三帙の著録を行う.第十三~十五帙はいずれも鉛活字本で,北平刊行唱本のシリーズものが収められている.第十三帙は学古堂刊行で,シリーズ番号がアラビア数字で1から103まで付されている.同じく学古堂刊行の第十四帙は,一から二五五までシリーズ番号が漢数字で記される.さらに第十五帙は泰山堂刊行で,シリーズ番号はふられていないものの,本の体裁は学古堂本と一致する.なお,これらシリーズものの唱本は,早稲田大学図書館風陵文庫および東京大学東洋文化研究所雙紅堂文庫蔵本と重複するものが少なくないが,微細な違いが存在し,同版異版の判定は容易ではない(末尾の書影参照).よって,本稿から同版異版の注記を差し控えることとした.

AB - 九州大学附属図書館濱文庫所蔵の唱本について,これまでに第十二帙までの目録稿を作成した.本稿では引き続き第十三帙の著録を行う.第十三~十五帙はいずれも鉛活字本で,北平刊行唱本のシリーズものが収められている.第十三帙は学古堂刊行で,シリーズ番号がアラビア数字で1から103まで付されている.同じく学古堂刊行の第十四帙は,一から二五五までシリーズ番号が漢数字で記される.さらに第十五帙は泰山堂刊行で,シリーズ番号はふられていないものの,本の体裁は学古堂本と一致する.なお,これらシリーズものの唱本は,早稲田大学図書館風陵文庫および東京大学東洋文化研究所雙紅堂文庫蔵本と重複するものが少なくないが,微細な違いが存在し,同版異版の判定は容易ではない(末尾の書影参照).よって,本稿から同版異版の注記を差し控えることとした.

U2 - 10.15017/27256

DO - 10.15017/27256

M3 - 記事

SP - 51

EP - 68

JO - 九州大学附属図書館研究開発室年報

JF - 九州大学附属図書館研究開発室年報

SN - 1881-3542

ER -