Bluetoothによる近接性検出タイミングの行動認識を用いた制御手法

清水 和人, 木實 新一, 岩井 将行, 瀬崎 薫

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

Bluetooth で近接性を取得する際,常時検索を行うことは消費電力やプライバシーの観点から適切ではない.そこで本研究では,取得した近接性から人間関係を推定するアプリケーションを前提として,スマートフォンに搭載されている他のセンサを用いることでユーザが静止して会話している場面を検出し,Bluetooth を起動する制御手法を提案する.Bluetooth has been used as a proximity sensor because of its feature: it can search nearby device within 10 meter. However, searching all the time consumes huge battery. In this paper, we introduce the Bluetooth controlling method that depends on user's context. We predict user's context using accelerometers and microphones on smartphone in the method. Finally, we show how much we can reduce power consumption.
寄稿の翻訳タイトルA Control Method for Bluetooth Proximity Sensing using User Context
本文言語日本語
ページ(範囲)1-2
ページ数2
ジャーナル研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)
2012
28
出版ステータス出版済み - 5 10 2012

引用スタイル