(D,G)スケーリングを用いた状態フィードバックH∞制御系設計と反復計算による改良

朴 サンウク, 蛯原 義雄, 萩原 朋道

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

本稿では不確かな線形時不変系に対する状態フィードバックH∞制御系設計問題について考察する.過去の研究において提案されたLMI(線形行列不等式)による設計法に基づいて(D,G)スケーリングを用いた設計法を提案する.さらに,その提案手法を繰り返し用いることにより,従来の手法に比べてより良いH∞性能を達成するフィードバックゲインを求めることができることを示す.
寄稿の翻訳タイトルA design method of H_\infty state feedback control systems based on the (D,G) scaling and its improvement with iterative computations
本文言語未定義
ページ(範囲)266-266
ページ数1
ジャーナルシステム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集
6
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2006

フィンガープリント

「(D,G)スケーリングを用いた状態フィードバックH∞制御系設計と反復計算による改良」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル