縮退型都市計画の導入実態と居住抑制地区の実装過程に関する研究:米国中西部の人口減少都市を対象として

矢吹 剣一, 黒瀬 武史

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

Some declining cities in the Midwestern U.S. formulated the master plan for "right sizing". Its strategy is to give vacant lands a spatial standard with preferable new "density" and transform lands to productive use or managed land. Two municipalities created flexible land use that can adjust the uncertainty of depopulation era. Although it is difficult to limit the habitation even in a low-density area, a standard for minimum site area may be useful to increase the area that can be managed.
寄稿の翻訳タイトルA study on the introduction of master plan for "right sizing" and habitation limited area:case studies of declining cities in the Midwestern U.S.
本文言語日本語
ページ(範囲)141-152
ページ数12
ジャーナル住総研研究論文集・実践研究報告集
45
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2019

フィンガープリント

「縮退型都市計画の導入実態と居住抑制地区の実装過程に関する研究:米国中西部の人口減少都市を対象として」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル