人口減少都市における縮退型都市計画の導入プロセスに関する研究: 米国ミシガン州フリント市の総合計画及び土地利用規制の策定における計画技法と合意形成に着目して

矢吹 剣一, 黒瀬 武史, 西村 幸夫

研究成果: Contribution to journalArticle査読

寄稿の翻訳タイトルA STUDY ON THE MAKING PROCESS OF SHRINKING MASTER PLAN IN DEPOPULATION CITY: Planning and consensus building methodology in the making process of master plan and zoning code ordinance : the case of the city of Flint, Michigan US
本文言語日本語
ページ(範囲)2609-2617
ページ数9
ジャーナル日本建築学会計画系論文集
82
740
出版ステータス出版済み - 10 2017

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 建築
  • 都市研究

引用スタイル