日本語日本文学研究の未来: 博士課程の目指すもの(大学院博士後期課程開設記念シンポジウム)

半藤 英明, 揖斐 高, 近藤 泰弘, 鈴木 元, 山田 俊, 川平 敏文

研究成果: Contribution to journalArticle

寄稿の翻訳タイトルA symposium Commemorating the Establishmen of Ph.D. Program in Japanese Language and Literature : 'What We Aim for'
本文言語日本語
ページ(範囲)3-47
ページ数45
ジャーナル熊本県立大学大学院文学研究科論集
1
出版ステータス出版済み - 9 2008

引用スタイル