繰り返し観測時刻にゆらぎのある場合のエイリアシングについて

市川 香, Ichikawa Kaoru, 九州大学応用力学研究所:海洋研究開発機構地球環境観測研究センター, Institute for Applied Mechanics Kyushu University:Institute of Oservational Research for Global Change JAMSTEC Research

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

定期船観測のように繰り返し観測時刻にゆらぎのある場合に,潮汐信号のエイリアシングがどの程度成立するのかを研究した。エイリアシングすると調和解析が解けなくなる場合を設定して,人工的に観測時刻にゆらぎを与えたところ,観測誤差がなければ1秒未満のごく僅かなゆらぎによってエイリアシングの制約から外れ調和解析ができるようになった。ただし,誤差に対して強靭な解を得るためには,より大きな観測時刻のゆらぎが必要である。観測期間を2年間にした試算では,10分程度のゆらぎがあることが望ましかった。For the use of data sampled from ferryboats, aliasing of tidal signals in repeated observations was studied, when the sampling interval is inaccurate and fluctuates. With fluctuations of the sampling interval, artificial observations were made for synthesis of three constituents which cannot be determined by the harmonic analysis if they are aliased. When the observations are free from all noises, only slight fluctuation of less than one second enables the harmonic analysis, indicating departure from the aliased condition. In order to obtain a robust solution from observations with noises, on the other hand, the fluctuation needed was shown to be more than ten minutes for test cases from two years of data sampling.
寄稿の翻訳タイトルAliasing in Repeat Observations with Inaccurate Sampling Intervals
本文言語Japanese
ページ(範囲)565-573
ページ数9
ジャーナル海の研究
13
6
出版ステータス出版済み - 11 5 2004

引用スタイル