An abrupt spin transition based on short S⋯S contacts in a novel Fe(II) complex whose ligand contains a 1,3-dithiole ring

Kazuyuki Takahashi, Tomoko Kawakami, Zhong Ze Gu, Yasuaki Einaga, Akira Fujishima, Osamu Sato

研究成果: Contribution to journalArticle査読

34 被引用数 (Scopus)

抄録

The first preparation of an Fe(II) spin-crossover complex including a 1,3-dithiole ligand is reported. Crystal analyses of both the low- and the high-temperature phases reveal that short S⋯S contacts play a key role in an abrupt spin transition.

本文言語英語
ページ(範囲)2374-2375
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
3
18
DOI
出版ステータス出版済み - 2003
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「An abrupt spin transition based on short S⋯S contacts in a novel Fe(II) complex whose ligand contains a 1,3-dithiole ring」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル