Aqueous hydrogenation of carbon dioxide catalysed by water-soluble ruthenium aqua complexes under acidic conditions

Hideki Hayashi, Seiji Ogo, Shunichi Fukuzumi

研究成果: Contribution to journalArticle査読

105 被引用数 (Scopus)

抄録

Hydrogenation of carbon dioxide (P(H2/CO2) = 5.5/2.5 MPa) into formic acid (HCOOH) under acidic conditions (pH 2.5-5.0) in water has been achieved by using water-soluble ruthenium aqua catalysts [η6-C6Me6)RuII(L)(OH 2)]SO4 (L = 2,2′-bipyridine or 4,4′-dimethoxy- 2, 2′-bipyridine).

本文言語英語
ページ(範囲)2714-2715
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
23
DOI
出版ステータス出版済み - 12 7 2004
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Aqueous hydrogenation of carbon dioxide catalysed by water-soluble ruthenium aqua complexes under acidic conditions」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル