ヘリコプタ実験機の2自由度LQIサーボ系による姿勢制御

藤原 佳典, 蛯原 義雄, 萩原 朋道

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

本研究で対象とするヘリコプタ実験機はピボット型の支軸に取付けられており,2つのロータを用いて旋回および前後傾斜動が可能である.本研究の目的は,この実験機の高精度の姿勢制御を達成することであるが,各軸間に相互干渉が存在することが大きな障壁となる.これに対して本稿では,目標値追従特性と外乱抑制特性とを独立に設計できるという特長をもつ2自由度LQIサーボ系の設計法を適用し,高精度の姿勢制御を達成した.
寄稿の翻訳タイトルAtitude Control of a Experimental Helicopter with a 2DOF-LQI Design Method
本文言語日本語
ページ(範囲)341-341
ページ数1
ジャーナルシステム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集
8
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2008

引用スタイル