Axially chiral 1,1′-bicarbazolyls with near-ultraviolet circularly polarized luminescence

So Shikita, Takunori Harada, Takuma Yasuda

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

The facile synthesis and chiroptical properties of a new family of circularly polarized luminescence (CPL) materials, axially chiral 1,1′-bicarbazolyls (BiCz), are reported. The BiCz derivatives emitted intense near-ultraviolet photoluminescence, with a peak at ∼380 nm. The BiCz enantiomers showed mirror-image circular dichroism and CPL, with glum values on the order of 10−4 in solution.

本文言語英語
ページ(範囲)4849-4852
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
58
31
DOI
出版ステータス出版済み - 3月 21 2022

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Axially chiral 1,1′-bicarbazolyls with near-ultraviolet circularly polarized luminescence」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル