光ファイバー上に構築された固体色素レーザーによる曲げセンサーの開発

久保田 寛之, 興 雄司, 渡邉 博文, 大海 聡一郎, 楊 雨

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

我々が開発した固体色素レーザー描画法は、描画的手法で簡易に曲面上にでもDFB色素レーザー導波路が構築可能である。今回、その特徴を利用し、マルチモードのプラスチック光ファイバーのコア表面上に複数本のレーザーを実装した。屈折率をコアよりもわずかに大きく設計すると同時に、レーザー出射部を切り落とし型の端面ではなくテーパー化することで、発振光をコア部に再度結合することが可能となる。本研究では、ファイバーの曲率によりレーザーの波長が変化することを利用して、多元曲げセンサーの観点から開発をおこなった。光ファイバーを曲げたときに内側と外側では波長の変化が異なるため、曲率や曲げた方向も判別可能となる。
寄稿の翻訳タイトルBending Sensor based on Solid-state Dye Laser on a Plastic Optical Fiber
本文言語未定義
ページ(範囲)663-664
ページ数2
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2010
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2010

フィンガープリント 「光ファイバー上に構築された固体色素レーザーによる曲げセンサーの開発」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル