天然歯とインプラントの共存を研究から考える

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

 インプラント治療を始めた30年前にはインプラント部の咬合はやや低めで,また天然歯と連結することでインプラントを守るといった戦略が主流であった.近年ではインプラント自体のオッセオインテグレーションは得られているが,上部構造に関する問題で転医してくる患者が増加しているように感じている.一方,インプラント上部構造に問題はみられないが,残存天然歯を喪失していき,一口腔単位としては,治療介入が引き続き必要な状況にある症例も散見される.インプラントの信頼性が向上した現在,インプラントと天然歯の双方を守っていく共存の時代へと変化してきたように感じる.
元の言語Japanese
ページ(範囲)144-148
ページ数5
ジャーナル日本補綴歯科学会誌
6
発行部数2
DOI
出版物ステータス出版済み - 2014

これを引用

天然歯とインプラントの共存を研究から考える. / 松下恭之; 江崎大輔; 古谷野潔.

:: 日本補綴歯科学会誌, 巻 6, 番号 2, 2014, p. 144-148.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{ae24702ba97047d894199600bc833d7d,
title = "天然歯とインプラントの共存を研究から考える",
abstract = " インプラント治療を始めた30年前にはインプラント部の咬合はやや低めで,また天然歯と連結することでインプラントを守るといった戦略が主流であった.近年ではインプラント自体のオッセオインテグレーションは得られているが,上部構造に関する問題で転医してくる患者が増加しているように感じている.一方,インプラント上部構造に問題はみられないが,残存天然歯を喪失していき,一口腔単位としては,治療介入が引き続き必要な状況にある症例も散見される.インプラントの信頼性が向上した現在,インプラントと天然歯の双方を守っていく共存の時代へと変化してきたように感じる.",
author = "恭之 松下 and 大輔 江崎 and 潔 古谷野",
year = "2014",
doi = "10.2186/ajps.6.144",
language = "Japanese",
volume = "6",
pages = "144--148",
journal = "日本補綴歯科学会誌",
issn = "1883-4426",
publisher = "公益社団法人 日本補綴歯科学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 天然歯とインプラントの共存を研究から考える

AU - 松下, 恭之

AU - 江崎, 大輔

AU - 古谷野, 潔

PY - 2014

Y1 - 2014

N2 -  インプラント治療を始めた30年前にはインプラント部の咬合はやや低めで,また天然歯と連結することでインプラントを守るといった戦略が主流であった.近年ではインプラント自体のオッセオインテグレーションは得られているが,上部構造に関する問題で転医してくる患者が増加しているように感じている.一方,インプラント上部構造に問題はみられないが,残存天然歯を喪失していき,一口腔単位としては,治療介入が引き続き必要な状況にある症例も散見される.インプラントの信頼性が向上した現在,インプラントと天然歯の双方を守っていく共存の時代へと変化してきたように感じる.

AB -  インプラント治療を始めた30年前にはインプラント部の咬合はやや低めで,また天然歯と連結することでインプラントを守るといった戦略が主流であった.近年ではインプラント自体のオッセオインテグレーションは得られているが,上部構造に関する問題で転医してくる患者が増加しているように感じている.一方,インプラント上部構造に問題はみられないが,残存天然歯を喪失していき,一口腔単位としては,治療介入が引き続き必要な状況にある症例も散見される.インプラントの信頼性が向上した現在,インプラントと天然歯の双方を守っていく共存の時代へと変化してきたように感じる.

U2 - 10.2186/ajps.6.144

DO - 10.2186/ajps.6.144

M3 - 記事

VL - 6

SP - 144

EP - 148

JO - 日本補綴歯科学会誌

JF - 日本補綴歯科学会誌

SN - 1883-4426

IS - 2

ER -