メタン活性化を目指したインフォマティクス

蒲池 高志, 斎藤 雅史, 辻 雄太, 吉澤 一成

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

<p>We investigated the C–H bond cleavage of methane on various binary alloys using periodic density functional theory (DFT) calculations for catalyst screening. Cohesive energy, which strongly correlates with activation energy and heat of reaction for the C–H bond cleavage, was computed for 337 alloys in AFLOW database to enable rapid screening.</p>
寄稿の翻訳タイトルCatalyst Informatics on Methane Activation on Various Metal Alloys
本文言語日本語
ページ(範囲)147-148
ページ数2
ジャーナルJournal of Computer Chemistry, Japan
16
5
DOI
出版ステータス出版済み - 2017

フィンガープリント

「メタン活性化を目指したインフォマティクス」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル