視認性を考慮した検出容易な文字パターンの検討

小泉 壮太, 服部 亮史, Yaokai Feng, 内田 誠一

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

視認性を考慮した検出容易な文字パターンの検討を行う.文字認識には,一般的に複 雑性などその文字独自の特徴が用いられてきた.しかし,用いた特徴では検出できない例外的な文字パターンが存在したり,実環境上に存在する文 字は環境によっては検出が極めて困難である場合が多い.これまでの研究では,検出容易な文字パターンの合成は行われているが,それは視認性が 高いとは言えず,また,文字パターン数もそれほど多くはなかった.そのため今回は文字パターン数を増やして検討を行い,視認性を考慮した文字 パターンの性質を確認した.
寄稿の翻訳タイトルCharacter pattern detection
本文言語未定義
ページ(範囲)442-442
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2012
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2012

引用スタイル