シンポジウム 小笠原諸島における物質循環の特徴

平舘 俊太郎, 森田 沙綾香, 加藤 英寿

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

2011年6月に世界自然遺産として正式に登録された小笠原諸島は,その独特の自然生態系に注目が集まっているが,その自然生態系を支える物質循環の基礎は土壌にある。すなわち,小笠原の土壌を調べれば,小笠原における物質循環の特徴についてヒントが得られると考えられる。小笠原における物質循環については,研究事例はこれまで非常に少ないが,ここでは著者らがこれまでに調べた小笠原の土壌に関するデータを中心に整理し,小笠原における物質循環の特徴を考察する。
寄稿の翻訳タイトルCharacteristics of material circulation in Ogasawara Islands
本文言語Japanese
ページ(範囲)96-100
ページ数5
ジャーナルペドロジスト
56
2
出版ステータス出版済み - 12 2012

引用スタイル