思春期の不快情動への態度からみた臨床動作法の効果の検討: ストレスマネジメント教育の実践から

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)586-597
ページ数12
ジャーナルJournal of Japanese clinical psychology
29
発行部数5
出版物ステータス出版済み - 12 2011

これを引用

@article{a259e369eb16470badab944fe9c895d8,
title = "思春期の不快情動への態度からみた臨床動作法の効果の検討: ストレスマネジメント教育の実践から",
author = "永治 小澤",
year = "2011",
month = "12",
language = "Japanese",
volume = "29",
pages = "586--597",
journal = "Journal of Japanese clinical psychology",
issn = "0289-1921",
publisher = "日本心理臨床学会 ; 1983-",
number = "5",

}

TY - JOUR

T1 - 思春期の不快情動への態度からみた臨床動作法の効果の検討

T2 - ストレスマネジメント教育の実践から

AU - 小澤, 永治

PY - 2011/12

Y1 - 2011/12

M3 - 記事

VL - 29

SP - 586

EP - 597

JO - Journal of Japanese clinical psychology

JF - Journal of Japanese clinical psychology

SN - 0289-1921

IS - 5

ER -