2つの阻止帯域を持つUWB用小型モノポールアンテナ

福元 俊吏, 金谷 晴一, 吉田 啓二, 吉富 邦明, 兼本 大輔, ラメシュ ポカレル

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

近年、様々な無線システムの研究が行われている。なかでも超広帯域(UWB:Ultra Wide Band)無線システムは、非常に広い帯域を使用することで、高速なデータ転送及び低消費電力を実現している。その一方で、既存の無線システムとの干渉が懸念されており、日本では3.4GHz~4.8GHzのLow-bandと、7.25GHz~10.25GHzのHigh-bandにおいてのみ使用可能とされている。このような背景から、アンテナの放射板上にスロット及びストリップラインを加えることで、4.8GHz~7.25GHzの帯域阻止と、10.25GHz以上の帯域阻止という2つの帯域を阻止する小型モノポールアンテナの作成を検討した。
寄稿の翻訳タイトルCompact Monopole Antenna With Band-Notch Function for UWB Applications
本文言語未定義
ページ(範囲)409-409
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2011
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2011

フィンガープリント 「2つの阻止帯域を持つUWB用小型モノポールアンテナ」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル