CONJUGATE RELATIONS AND WEAK SUBDIFFERENTIALS OF RELATIONS.

Hidefumi Kawasaki

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

8 被引用数 (Scopus)

抄録

The duality theory for convex programs is based on a concept ″conjugate″ of functions, and the set of solutions is characterized by ″subdifferential″ of a function. The purpose of this study is to extend the concepts ″conjugate″ and ″subdifferential″ to those of set-valued functions (relations) and to investigate their properties.

本文言語英語
ページ(範囲)593-607
ページ数15
ジャーナルMathematics of Operations Research
6
4
DOI
出版ステータス出版済み - 1月 1 1981
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 数学 (全般)
  • コンピュータ サイエンスの応用
  • 経営科学およびオペレーションズ リサーチ

フィンガープリント

「CONJUGATE RELATIONS AND WEAK SUBDIFFERENTIALS OF RELATIONS.」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル