庁舎建築の企画・設計におけるコストプランニングシステムに関する研究(建築経済・住宅問題)

古阪 秀三, 金多 隆, 加藤 直樹, 藤澤 克樹, 水野 隆介

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

The purpose of the this research is to develop the cost planning system to be used step by step during the production process on construction projects of public offices. The purposes of the research are as follows. 1)System development for cost planning to achieve business decisions. 2)Improvement for traditional cost planning system by public clients. 3)System development for change order and Value Engineering clarified predictable construction costs. 4)System development to reduce workloads for estimating construction costs.
寄稿の翻訳タイトルCOST PLANNING SYSTEM FOR PUBLIC BUILDING CONSTRUCTION PROJECTS(Building Economics and Housing Problems)
本文言語Japanese
ページ(範囲)437-442
ページ数6
ジャーナルAIJ Journal of Technology and Design
12
23
DOI
出版ステータス出版済み - 2006

フィンガープリント 「庁舎建築の企画・設計におけるコストプランニングシステムに関する研究(建築経済・住宅問題)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル