博物館における展示品推薦のための解説文解析による影響関係の導出

前原 千尋, 金 大雄, 牛尼 剛聡

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

現在多くの博物館において閲覧支援を目的とした携帯情報端末が導入されている。本研究ではこれらを用いてユーザの興味や状況に合わせた展示品の推薦を行うための、展示品間の影響関係の導出手法の提案と評価を行った。展示品の解説文には作成された際のテーマや技法などについての記述が多く、これを解析することによってある展示品が他の展示品にどのような影響を与えているのかという影響関係を定義し、展示品同士を関連付けている。これに基づいた展示品の推薦を行うことで、個々の展示品を取り巻く文化に対するユーザの理解を深め、ユーザの新たな興味を喚起するような閲覧支援を行う。
寄稿の翻訳タイトルDerivation of Influence Relationship from Explanation Using Text Analysis for Museum Exhibit Recommendation
本文言語未定義
ページ(範囲)492-492
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2011
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2011

フィンガープリント

「博物館における展示品推薦のための解説文解析による影響関係の導出」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル