UWB用広帯域フィルタ一体型低雑音増幅器の設計

南 周太郎, アハモッド ガラル, ラメシュ ポカレル, 金谷 晴一, 吉田 啓二

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

情報量の増加と技術の発展が著しく、高速で高性能な品質が求められる近年の無線通信において、UWBが注目を集めている。UWBとは超広帯域の略で、最大で数GHzもの広い帯域に亘って非常に弱い極短時間のパルス信号を送ることで、短距離間での高速・低消費電力データ通信を行うものである。UWBでの通信を実現するためには低損失・安定した高電力利得などの様々な要求があり、これらを厳密に満たすためには高品質のUWB受信機用LNA(低雑音増幅器)が必要となる。今回はこの要求を満たす0.18μmCMOSプロセスを用いたUWB用LNA、並びにLNAに用いられるUWB用フィルタの設計について発表する。
寄稿の翻訳タイトルDesign of UWB Low Noise Amplifier with Wideband BPF
本文言語未定義
ページ(範囲)558-558
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2008
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2008

フィンガープリント

「UWB用広帯域フィルタ一体型低雑音増幅器の設計」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル