CMOSプロセスを用いた5.2GHz帯無線LAN用DCOの開発

内田 健太, ラメシュ ポカレル, 金谷 晴一, 吉田 啓二

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

近年の無線通信機器は小型化、低コスト化,低消費電力化が求められており、それに伴いプロセスの微細化が進み、回路の低電圧動作化が進んでいる。そのため、アナログ設計が困難となるため次世代の無線端末はRF・アナログ回路でDigitally-Rich Component の導入が必要とされている。そこで今回、次世代無線端末に向けて0.18μmCMOSプロセスを用いたIEEE802.11a準拠無線LAN用10ビットLC-DCO(ディジタル制御発振器)の設計をした。その際、伝送線路を組み合わせたキャパシタを用いることによるレゾリューションの改善について検討する。
寄稿の翻訳タイトルDevelopment of CMOS DCO for 5.2GHz-band WLAN
本文言語未定義
ページ(範囲)468-468
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2008
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2008

フィンガープリント

「CMOSプロセスを用いた5.2GHz帯無線LAN用DCOの開発」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル