CMOSプロセスを用いた5.2GHz帯無線LAN用ミキサの開発

古賀 昇, ラメシュ ポカレル, 金谷 晴一, 吉田 啓二

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

近年、無線通信機器は小型化・低消費電力化が求められている。アナログフロントエンド部をCMOSプロセスで実現することによりディジタル回路との混載が可能になり、RFフロントエンド部からベースバンド部、更にはディジタル信号処理部までを含めたモジュールをワンチップで構成することができ、小型化・低消費電力化が実現できる。今回は、0.18umCMOSプロセスを用いたIEEE802.11a準拠無線LAN用ミキサを回路シミュレータにより設計した。その中でトランスコンダクタ部へのインダクタ挿入及び、電流源挿入を導入し高性能化の検討を行った。
寄稿の翻訳タイトルDevelopment of CMOS Mixer for 5.2GHz-band WLAN
本文言語未定義
ページ(範囲)469-469
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2008
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2008

フィンガープリント 「CMOSプロセスを用いた5.2GHz帯無線LAN用ミキサの開発」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル