フィルムの両面にレーザ・波長検出器を実装した表面実装・全有機レーザシステムの開発(I)

太田 智也, 中道 徳馬, 楊 雨, 吉岡 宏晃, 渡邉 博文, 八尋 正幸, 江良 正直, 興 雄司

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

これまでに多色レーザ光源を搭載したマイクロ生化学チップ開発の一環として、アクリル基板上にペン描画法を用いた分布帰還固体色素レーザの構築などを報告してきた。また上記のレーザと同程度のコスト・作製プロセスで組み込める波長モニタシステムをインクジェット法を用いてITO/PET基板上に構築し報告してきた。本研究ではこれらのプリンタブル手法を用いて1枚のITO/PET基板上のITOサイドに波長モニタシステム、PETサイドにレーザシステムを構築し1枚の基板上への集積化を行った。チップ上の波長モニタシステムにおいて1nm以下のレーザ波長の変化を検出することに成功したので報告する。
寄稿の翻訳タイトルDevelopment of full organic laser system on film by fabricating laser waveguides and wavelength detectors (I)
本文言語未定義
ページ(範囲)616-616
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2011
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2011

フィンガープリント

「フィルムの両面にレーザ・波長検出器を実装した表面実装・全有機レーザシステムの開発(I)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル