論文審査支援システムの開発

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抜粋

農業情報学会が新体制に移行したことに伴い,論文審査においても担当編集委員責任制が導入された.論文審査過程のシステム化や論文審査過程の迅速化・作業負担軽減が課題となり,これらの問題を解決するために,論文審査支援システムをWebアプリケーションとして開発した.システム稼働試験の結果,システムの効果(利点)は,(1)論文審査の迅速化,(2)ユビキタスな論文の投稿と審査,(3)論文投稿者の支援,(4)レビュアおよび担当編集委員の支援,(5)事務局・担当編集委員の作業省力化の5点に大別できた.システム開発構想の段階に想定した以上の効果があり,農業情報学会の論文審査の効率化や高度化に止まらず,学会誌論文の質および量の向上にも貢献すると思われる.
寄稿の翻訳されたタイトルDevelopment of paper review support system of JSAI
元の言語Japanese
ページ(範囲)159-169
ページ数11
ジャーナル農業情報研究
14
発行部数3
DOI
出版物ステータス出版済み - 2005

これを引用