生体情報を利用した超音波伝播シミュレータの開発: 824 (J05-1 生命体統合シミュレーション(1),ジョイントセッション,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境)

沖田 浩平, 小野 謙二, 高木 周, 松本 洋一郎

    研究成果: Contribution to conferencePaper

    抄録

    High Intensity Focused Ultrasound (HIFU) therapy has been developed for the treatment of deeply-placed tumor such as the liver and brain tumor. Problems are the displacement of focal point due to the reflection and refraction of ultrasound at the interfaces of bones and the attenuation of ultrasound due to the skins, fat and tissues. To minimize the invasive region of tissues by HIFU, the numerical simulation is available for the prediction of the treatment of tissues. The development of the numerical simulation of ultrasound propagation through the voxel modeled body based on the MRI and CT data is reported. The results of the three-dimensional computation show the displacement of focal point for the ultrasound of 1 MHz through the bone.
    寄稿の翻訳タイトルDevelopment of the ultrasound propagation simulator using living body information
    本文言語Japanese
    ページ105-106
    ページ数2
    出版ステータス出版済み - 8 2 2008

    フィンガープリント 「生体情報を利用した超音波伝播シミュレータの開発: 824 (J05-1 生命体統合シミュレーション(1),ジョイントセッション,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    引用スタイル