Dissecting the chloride-nitrate anion transport assay

Yufeng Yang, Xin Wu, Nathalie Busschaert, Hiroyuki Furuta, Philip A. Gale

    研究成果: Contribution to journalArticle査読

    27 被引用数 (Scopus)

    抄録

    A systematic study of chloride vs. nitrate selectivity across six anion transporters has revealed a good correlation between the selectivities of their anion binding and membrane transport properties. This work reveals the limitations of the chloride-nitrate exchange assay and shows how new approaches can be used to measure anion uniport.

    本文言語英語
    ページ(範囲)9230-9233
    ページ数4
    ジャーナルChemical Communications
    53
    66
    DOI
    出版ステータス出版済み - 2017

    All Science Journal Classification (ASJC) codes

    • 触媒
    • 電子材料、光学材料、および磁性材料
    • セラミックおよび複合材料
    • 化学 (全般)
    • 表面、皮膜および薄膜
    • 金属および合金
    • 材料化学

    フィンガープリント

    「Dissecting the chloride-nitrate anion transport assay」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    引用スタイル