九州大学宮崎演習林におけるスズタケの移植試験-株の成長と火入れの影響-

山内康平, 久保田義勝, 鍜治清弘, 壁村勇二, 長慶一郎, 緒方健人, 宮島裕子, 椎葉康喜, 榎木勉

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

かつて九州大学宮崎演習林(以下、宮崎演習林)ではスズタケ(Sasa borealis (Hack.) Makino et Shibata)がほぼ全域に繁茂していた。しかし、1980年代後半から密度や被覆面積の減少が見られ始め、2004年には宮崎演習林全体の面積の70%以上の場所でスズタケの衰退が確認された。宮崎演習林内でスズタケが絶滅した地域において、2010年に天然生林の林床にスズタケを移植し2013年までの変化を調査した。調査プロットの一部の林床に火入れを行い、プロットの周囲をシカ防護ネットで囲みスズタケを移植した。稈冠の幅(稈の広がりの直角2方向)と1株あたりの稈数、最大稈高、地際の株幅を一年に一回測定した。2013年3月において稈冠幅から求めた稈冠面積、稈数、株幅は初期値より大きく増加していた。稈高にはほとんど変化が見られなかった。火入処理は稈冠面積、稈数、稈高、株幅に影響を及ぼさなかった。
寄稿の翻訳タイトルExperimental transplant of Sasa borealis in Shiiba Research Forest, Kyushu University: clump growth and effect of prescribed burning.
本文言語日本語
ページ(範囲)16-20
ページ数5
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
95
出版ステータス出版済み - 3 2014
外部発表はい

フィンガープリント

「九州大学宮崎演習林におけるスズタケの移植試験-株の成長と火入れの影響-」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル