振幅変調音の擬音語表現とサイン音としての機能イメージ

山内 勝也, 岩宮 眞一郎

研究成果: Contribution to journalArticle

抜粋

周期的な振幅変調音(AM音)を用いて分かり易く憶え易いサイン音をデザインするための基礎研究として,音から想起される機能イメージのカテゴリ判断実験と擬音語表現の自由記述実験を行った。5Hz以下の矩形波で変調されたAM音は,終了感が強く,長音を伴った繰り返しで擬音語表現される。変調周波数15〜30HzのAM音は,呼出感が強く,擬音語表現として第2音節以降がラ行に変化して繰り返すという特徴を持つ。40Hz以上の矩形波で変調されたAM音の場合,警報感が強く,擬音語表現の第1音節に有声子音が用いられる。本研究により,振幅変調に関わる各種変量の系統的変化に伴い,機能イメージ及び擬音語表現が変化する様子が示された。
寄稿の翻訳されたタイトルFunctional imagery and onomatopoeic representation of auditory signals using amplitude-modulated tones
元の言語Japanese
ページ(範囲)358-367
ページ数10
ジャーナル日本音響学会誌
60
発行部数7
出版物ステータス出版済み - 7 1 2004

これを引用