G1305 レベルセット関数を利用した流体構造連成解析における界面の扱いに対する検討(2)(GS13 数値シミュレーション,一般セッション)

橋本 学, 小野 謙二, 野口 裕久

    研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌

    抄録

    A fluid-structure coupling approach based on level set function is proposed in order to solve large deformation problems that are difficult to interface tracking method, such as ALE (Arbitrary Lagrangian-Eulerian) method. The fluid flow field is solved by using fixed mesh because the level set function can describe a complicated geometrical shape in analysis grids easily. In this study, kinematrical condition treatment with virtual particles is introduced at the fluid-structure interface and iterative computation based on a partitoned solution method is implemented.
    寄稿の翻訳タイトルG1305 Investigation into Interface Treatment in Fluid-Structure Coupling Method with Level Set Function(2)
    本文言語日本語
    ページ(範囲)"G1305-1"-"G1305-4"
    ジャーナル流体工学部門講演会講演論文集
    2007
    出版ステータス出版済み - 11月 17 2007

    フィンガープリント

    「G1305 レベルセット関数を利用した流体構造連成解析における界面の扱いに対する検討(2)(GS13 数値シミュレーション,一般セッション)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    引用スタイル