Gelation with N-lauroyl-L-glutamic-α,γ-dibutylamide for liquid scintillation counting of low specific activities of35S and32P

S. Osaki, S. Sugihara, Y. Takashima

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

3 被引用数 (Scopus)

抄録

A gelling agent, N-lauroyl-L-glutamic-α,γ-dibutylamide, was applied for liquid scintillation counting of inorganic32P and35S. The gel with toluene cocktail is transparent and rigid for a long time. Several grams of ammonium magnesium phosphate or barium sulfate can easily be measured without complicating procedures.

本文言語英語
ページ(範囲)203-207
ページ数5
ジャーナルJournal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry Letters
165
4
DOI
出版ステータス出版済み - 7月 1992

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 分析化学
  • 原子力エネルギーおよび原子力工学
  • 放射線学、核医学およびイメージング
  • 汚染
  • 分光学
  • 公衆衛生学、環境および労働衛生
  • 健康、毒物学および変異誘発

フィンガープリント

「Gelation with N-lauroyl-L-glutamic-α,γ-dibutylamide for liquid scintillation counting of low specific activities of35S and32P」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル