濱一衛の見た一九三〇年代中国芸能: 北平・天津

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抜粋

濱一衛(一九〇九~一九八四)が一九三四年五月から一九三六年六月までの北平留学中に観た中国演劇の記録は、演劇研究にとって一次資料としての価値を有するものである。別稿 で濱の京劇に関する著作を検討したのに引き続き、本稿では北平・天津における京劇以外の劇種(曲芸を含む)についての上演記録を取り上げて考察する。
寄稿の翻訳されたタイトルHama Kazue's Account of the Chinese Theatre in the 1930's: Beiping and Tianjin
元の言語Japanese
ページ(範囲)59-73
ページ数15
ジャーナル九州中国学会報
53
出版物ステータス出版済み - 5 2015

これを引用